*誠の有る無し

誠のあるなしを最も簡単に知る方法を書いてみよう。誠のある人は何よりも約束を重んじ、よく守る事である。単に約束を守る守らないだけでは世人は大した事とは思わないが、実をいうとなかなかそうではない。即ち約束を守らないという事は、人を偽った事になるから一種の罪悪を犯した事になる。約束の中でも一番軽視し勝ちなのは時間である。時間の約束をしておきながら、守らない事をよく考えてみるがいい。即ち先方はあてにして待っているので、その退屈や焦心はなかなか苦痛である。諺にいう「待たるる身になるとも待つ身になるな」という事でも分かるごとく、待っている人の心持ちを察すべきで、その心が湧かないのは誠がないからである。とすれば、ほかの事は如何に良くても何にもならない事になる。従って、神の信者たる者は約束の厳守、時間の励行を疎かにしてはならない。もしその実行が出来ないとすれば、まず信仰の落第生である。信者たるもの、よろしく肝に銘じて忘れてはならないのである。

【昭和25(1950)年御発表】

< 前のページに戻る

所在地