*程とは

私は以前某所で、山岡鉄舟先生筆の額を見て感心した事がある。それは最初に "程" という字が大きく書いてあり、その次に小さく "人間万事この一字にあり" とあった。これは今もって忘れられない程、私の心に染みついている。というのは、私は今日まで何十年の間、何かにつけてこの額の字を思い出し、非常に役に立っているのである。
昔からよい格言も随分あるが、これ程感銘に値する文字はないようだ。たった一字の意味であるが、何と素晴らしい力ではないかと思う。従ってこの程の字を標準にして世の中のいろいろな事をみると、何にでも実によくあてはまる。例えていえば、やり方が足りないとか、やり過ぎるとかいう事や、右に偏ったり左に偏ったりする思想、金があると威張り、ないと萎びたりするというように、どうも片寄りたがる。多くの場合それが失敗の原因になるようだ。かの論語に中庸を得よとの戒めもそれであろう。昔から程々にせよとか、程がいいとか、程を守れという言葉もそれであって、つまり分相応の意味でもある。
これについて、信仰的に解釈してみると、いつもいうとおり本教は経と緯、即ち小乗と大乗を結べばその真中が伊都能売の働きとなるというので、これも詮じ詰めれば程の意味である。従って人間は第一に程を守る事で、程さえ守っていれば、すべてはスラスラとうまくゆくに決まっている。嗚呼程なる哉、程なる哉である。

【昭和26年(1951)御発表】

< 前のページに戻る

所在地