*早期教育の弊

今日の人間は、知恵が発達して頭脳が悪くなったというと、変な言い方だが実はこうである。浅知恵の上っ面の小才のきく人間が多くなって、知恵の深いドッシリした人間が少なくなったという意味である。これは何のためかという事であるが、これについて私の考察によれば全く早期教育の結果である。 早期教育がなぜ悪いかというと、頭がある程度発達しない時期に学問を詰め込む、つまり発育と学問のズレである。本当からいえば、人間は年令に応じて頭脳も身体も適度に用いなければならないにかかわらず、早期教育とは七、八つの児童に十五、六才の頭脳労働をさせるようなもので、全く学問過重である。
然らば右の結果はどうなるかというと、これについて一つの例を書いてみよう。私は小学校時代に柔道を習おうとしたところ、十五才以下は習ってはいけないという。それはなぜかと聞くと、十五才以下で柔道をやると背丈が止まって伸びないというのである。勿論労働過重による発育停止のためで、それと同じように、今日の教育をみると十二、三才で成人者のやるような事をやらせる事を良いとしている。なるほど一時は急速に知能が発達するから、良教育のようにみえるが、実は前述のごとく深さの発育がなく、上っ面の知恵ばかり発達した思慮の浅い人間が作られるという訳である。
事実、日本においても近代政治家等は、重厚な型の大きい人間が段々少なくなった。以前のような型の大きい重厚な人物は誠に寥々たる有様であるにみて、教育に携わる者の大いに考えなくてはならない問題である。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地