*日本人と宗教心

トルーマン米大統領は昭和二十四年十月三十日夜「米国人の宗教生活」と題する特別ラジオ番組で左のごとく放送した。
米国は建国以来非常に宗教的観念の厚い国家である。米国の建国者たちが求めたものは、各人が自由な方法で神を崇拝することであり、これこそ彼らが欧州から新世界に移ってきた強い動機の一つであった。米国の独立当時のモットーは「新しき信仰」ということであったが、我々は依然として神に厚い信仰をささげている。諸外国はいまや米国を平和への道における指導者と目しており、この期待に応ずる十分な力をもっているものと確信するが、それは我々が深い宗教的信仰をもつ故にほかならない。国家としての米国の力の根源は精神的なものである。かつて積極的信仰によって開拓者が荒野を征服したように、今日も積極的信仰によって我々は正しき平和、すべての者の自由、および人間生活が、真の神聖さを保つ世界を実現するために働くことが出来るであろう。
右のごときトルーマン氏の宣言によっても明らかなごとく、米国の今日のごとく世界の指導者として盤石の地位も、僅々百数十年の期間に築き上げたという事は世界の驚異で、その原因が那辺にあったかを知るべきである。それは全く崇高なる宗教精神がその根幹をなしていたことで、このことによってみても、再建日本としての最も緊要なることは、国民こぞって信仰心をもつことはいうまでもないのである。米国においては、如何なる家庭といえども一冊の聖書は必ず備えてあるということなども、実にうらやましい限りである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地