*迷信と科学

迷信は何から生まれるかというと、実は科学からだといったら世人はびっくりするだろう。それはこういう訳である。
現代人は何でも科学で解決が出来るように思っている。しかも高等学府を出たものほど最もそう信じている。ところが実社会にブツかってみると、学校で習った事とあまりにも食い違う事で、事実学理ではどうにも ならないと覚り、科学以外にそれ以上の何かを求めようとする。そればかりではない。思わぬ災いが来る事もあり、これなら大丈夫と思ってやった事が反対の結果を招く事さえある。実に世の中は割り切れない事だらけだ。という訳で、一種の失望と前途不安に襲われない者はほとんどあるまい。こんな訳で、インテリ人が人に知れないよう極内密で、何々判断や、人相、手相、神憑り行者の御託宣等を受けに行くものが案外多いという事である。
以上述べた事によってみても、最初述べたように科学で解決されない事があまりに多い結果、迷信に走るという結果になるのであるから、全く迷信は科学が作るといっても否とはいえないであろう。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地