*悪人と善人

悪人曰く「善人という奴は実にけしからん、俺が悪い事をしようとすると、いつも邪魔をしやがるのは善人だ」という。
なるほど考えてみるとそういう理屈もあろう。悪人の邪魔になるのは、法律、警察、裁判所という邪魔物を善人どもが作ったからだ――というかどうだかそれは分からないが、多分そうだろうと推測して書いたのである。
負け惜しみではないが、我々を悪口非難する者もあるが、そのたびごとに我々は少しも怒る気はしない。むしろ、いかに自分は悪人の邪魔をしているか、という誇りをさえ感ずるからである。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地