*皮肉文学の弁

皮肉とは皮と肉であるから骨のない奴の戯言にして、物を直線に見、直線に語る事は攻撃の手が恐ろしいため、物を裏から見、ゆがめて言う卑屈極まる奴なり。しかしながら、まじめくさって物を見る奴は融通がきかず、洒落気がなく木石同様である。こういう奴ばかりが増えると世の中はおもしろくなくなる。今の人間は、特に政治家など、理屈の枠に閉じ込められて動きがとれず、国会は揚足取りやアラ探しを事とし屁理屈の言い合いが本職で、見物人にはおもしろくもおかしくもない。思い起こす往年の加藤高明の有名な皮肉や、高橋是清の禅味タップリの答弁など、実に興味津々たるものがあった。然るに今日の国会はどうだ。石を噛むような答弁ばかりでウンザリする。私は日本にもバーナード・ショウのような皮肉文学の大家の出でん事を望むや切なりである。 

【昭和23年(1948)御発表】

< 前のページに戻る

所在地