*日と月

宗教上よりみたる日と月について説明してみるが、これははなはだ神秘幽玄にして、コジツケとみらるる節なきにあらず、しかしこれは真理である以上、心を潜めて判読されたいのである。日本古代に三種の神器がある。これは璽、剣、鏡ということになっているが、即ち璽は日であり、剣は月であり、大地は鏡によって表徴されている。璽は太陽の形であり、剣は三日月の形であり、鏡は八 咫の鏡と唱え八凸に分れている。即ち東、西、南、北、艮、辰巳、坤、戌亥の八方をかたどったものである。この三種の中で大地は分かりきっていて説明の要はないが、日月については深い意味があるから、それを書いてみよう。
ここで分かりやすくするため、天理教で唱える説を借りてみるが、それは月は突きであり日は引くという意味で、日月とは引きと突きであるという。これはなかなかお もしろい解釈と思う。それは夜の世界においては何事においても突くことを好む。大にして国と国とが互いに突き合う。戦争がこれである。衝突ということも突き合いである。古代における戦争は、剣で突き合ったことは明らかである。それが転化して、交際することも付き合うという。文字が違うだけで言霊は同一である。突き進むという言葉は勝利を意味する。全く月の働きであり、夜の世界を現している。
右に引き換え、ヒキ、ヒクは退くことである。引き寄せる、陣を退く、敗北する、腰を低くする―というように、すべて月と反対であり、この理によって昼の世界はすべてがヒキの働きであるから、負けることを良しとする。人間では謙譲である。これでは争いの起こりようはずがない。吾々のほうでは風邪を引くことを良いとしている。本教団の目的が病貧争絶無の世界をつくるという、その争いがなくなるのは以上の意味から考えらるるのである。本教団は日即ち火素の活動が主である以上、月でなく引きを心に銘じて活動すべきで、それによって多くの人が引き寄せらるるのである。
また日は玉であるから、円満清朗、円転滑脱でなくてはならないのである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地