*優しさと奥床しさ

およそ現代の人間をみる時、最も欠除しているものは、優しさと奥ゆかしさであろう。
まずここでは本教を主として書いてみるが、例えば自分の信仰がどれ程進み、身魂がどのくらい磨けたかを知るには一つの標準があって、これはさほどむずかしい事ではない。何よりも人と争う事を好まなくなり、優しさが湧き、奥ゆかしさが現れる。こういう心と態度になるこそ磨けたとみてよく、この点最も信仰の価値をみいだすのである。そのようになった人にして一般から好愛され、尊敬され、無言の宣伝となるのである。
ところが今日の世の中を見ると、右のような優しさと奥ゆかしさがあまりに欠けている。何処を見ても人に対しアラ探し、憎悪、咎めだて等、誠に醜い事が目につく。特に現代人の奥ゆかしさなどなさすぎるといっていい。何事も利己一点張りで露呈的で理屈がましく、人から嫌われる事などあまり気にかけないのは、自由主義が行き過ぎ我侭主義になったとみるほかはない。最も見苦しいのは、他人の事となると暴露的で、排斥主義で、人情の薄い事甚だしい。このような人間が増えるから、社会は暗く冷たく、人生の悲観者がますます増えるという訳で、近来自殺 者の多いのもこんなところに原因があるのではなかろうか。故に真の文化社会とは、英国の紳士道や米国の博愛主義のごときを奉ずる人々が増え、社会道義がよく行われる事によって、気持ちのよい住みよい社会が生まれるのである。そうなった社会こそこの世の天国としたら、天国は誠に手近いところにあるのである。
また別の面からみる時、今日観光事業が国策上最も緊要事と叫ばれているが、なるほど物的施設も大いに必要ではあるが、外客に好感を与える事は、より以上の必要事であろう。というのは外客に接する場合、優しさ、奥ゆかしさと、清潔の、この三つが揃う事で、これこそ一文の金もいらない外客誘致の最も有力なものとなろう。そうして、こういう人間を作るその根本条件は、何といっても信仰であって、本教はその方針のもとに邁進しつつあるのである。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地