*感じの良い人

およそ感じが良いという言葉程、感じの良い響きを与えるものはあるまい。ところがよく考えてみると、処世上これが案外重要である事である。それは個人の運命はもとより、社会上至大な関係があるのである。例えば、誰しも感じのいい人に接すると、その人も感じが良くなり、次から次へと広がってゆくとしたら、心地よい社会が出来るのは勿論である。故に、忌まわしい問題特に争いは減ると共に犯罪も減るから、精神的天国が生まれるわけである。しかもこの事たるや金は一文も要らず、手数もかからず、その場からでも出来るのであるから、こんな結構な話はあるまい。というと至極簡単に思えるが、事実はそんなうまいわけにはゆかないのは、誰も知るであろう。
というのは、これは外形的お体裁では駄目だからで、どうしても心からの誠が泌み出るので、その人の心の持ち方次第である。つまり利他愛の精神が根本である。これについて私の事を少し書いてみるが、私は若い頃から自分で言うのもおかしいが、どこへ行っても人から憎まれたり恨まれたりする事はあまりない。親しまれ、慕われる事のほうが多いのである。そこでその理由を考えてみると、これだと思う一事がある。それは何かというと、私は何事でも自分の利益や自分の満足は後回しにして、人が満足し喜ぶ事にのみ心をおいている。といっても、別段道徳とか信仰上からではなく、自然にそうなる。つまり私の性格であろう。換言すれば、一種の道楽でもある。そんな訳で、得な性分だとよく人から言われたものだが、全くそうかも知れない。しかも、宗教家になってから一層増したのは勿論である。そこで、人が病気で苦しんでいるのを見ると、いても立ってもおれない気がして、どうしても治してやりたいと思い浄霊をしてやると、治って喜ぶ。それをみると、それが私に写って嬉しくなる。それがため以前は随分問題を起こし苦しんだものである。というのは、もう駄目だと思ったら早く手を引けばよかったものを、本人や家族の者に縋がられるので、つい利害を忘れて 夢中になり、遠い所を何回も行って暇をつぶし、金を使い、そのあげく不結果になって失望させ、恨まれたり愚痴られたりした事もよくあったもので、そのたびごとに、俺はもっと薄情にならなければいけないと、自分で自分を責めたものである。
この私の性格が、地上天国や美術館を造る助けともなったのであるから、こういう性格を神が与えたものであろう。例えば結構な美術品や絶佳な風景を見ると、自分一人楽しむのは張り合いもないし気も咎がめるので、一人でも多くの人に見せ楽しませたいと思う心が湧いて来る。という具合で、私は自分だけでなく人に楽しませ、喜ぶのを自分も楽しみ喜ぶという事が一番満足なのである。

【昭和29年(1954)御発表】

< 前のページに戻る

所在地