*満足と不満

人間誰しも満足の境地になりたいのはいうまでもないが、それが思うように得られないのが人生であって、考えようによってはこれもおもしろいのである。ところがよ く考えてみると、文化の進歩の動機は人間の不満足な心にあるのだから、世の中というものは単純に解釈出来ないものである。つまり不満足があるほど向上もし、改革 も出来、進歩もされるのである。そうかといって不満がありすぎると、これまた困ることになる。例えば争いの原因となったり、身の破滅となる事さえある。個人的には家庭の不和、友人知己との仲違い、喧嘩口論、自暴自棄、警察沙汰というように、危険の因となる事さえ往々ある。また社会的には過激な思想団体を作ったり、火炎瓶や破壊行動にまで発展し、内乱を起こす事にもなるから軽視出来ないのである。
また右とは反対にあいつは好人物だ、お目出たいといわれるような人間は、あまり不満が起らないらしく、いつも満足してるようだが、しかしこういう人間に限って能力はたらきがないからマイナス的存在となる。とすれば満足でもいけないし、不満足でもいけないという事になり、どちらがいいか分からなくなる。しかしそれは大してむずしいことはない。帰するところ偏るのがいけないので、両方をうまく按配すればいいのである。といっても口ではやさしいが、さて実行となるとなかなかむずかしいもので、そこが人生の人生たるところかも知れない。要は千変万化どちらにも決めない融通性があって、その根本に誠があれば、その人は世の中から用いられ、出世もし、幸運を贏ち得るのである。

【昭和27年(1952)御発表】

< 前のページに戻る

所在地