*神に愛される

信仰の妙諦を一口に言えば「神様から愛される」事である。「神様のお気にいられる」事である。然らば神様はどういう人を愛されるかという事であるが、それは後にして、その前にまず知っておかなければならない事がある。それは本教団の使命である。この使命たるやキリストの言った世の終わり、または最後の審判、釈迦の言われた仏滅の世という時節がいよいよ迫りきたった事である。これに対し神様や仏様は大慈悲心を発露させ給い、この世の大峠を一人でも多く無事に乗り越えさせようとなさる事で、その方法として神様はどういう方法をおとりになるかというと、勿論人間を通して行わせられるのであって、その重大な任務の担当者として選ばれたのが私であると思っている。
何しろ、未だ聞いた事も、見た事もないようなドエライ使命であるから、一介の凡人たる私として、いささか荷が重過ぎるように思わざるを得ないのであるが、ただ委任の当事者が大変なお方で、世にも素晴らしい神様と来ているので、どうしようもない。まさか断る訳にもゆかないという訳で、最初は随分疑ってもみ反抗してもみたがテンデ歯が立たない。神様は私を自由自在に操り踊らせるのである。ある時は有頂天に喜ばされ、ある時は奈落の底へ落とされるような目にあわされた事は、一度や二度ではない。しかしながら、そのたびごとに神様のなされ方が実に幽玄微妙にして、何ともいえない妙味があり、嬉しいような有り難いような、全く人生の醍醐味とでもいうのであろう。言葉ではちょっと言い表せない。おそらく、この感じは世界中私一人だろうと思わずにはおられない。
さてこれから本文に取り掛かるが、最初に述べた通りの神様にお気にいられるという事は一体どうすればよいか、これが一番肝心である。まず神様のお気にいられるには神様のお嫌いな事はやらない事で、その反対に神様のお気にいる事を一生懸命やるようにする事である。これは誰でも常識で考えても分かるように、神様のお嫌いな事といえば道にはずれる事で、即ち嘘をつく事、他人を苦しめる事、社会に迷惑をかける事などである。ところが今日の人は、他人はどうなっても自分さえよければよいと思い、それを行動に現すのがあまりにも多い事である。これが一番いけない。これでは神様のお気に入るはずがない。これについて、自分は今神様のお気に入られているか、あるいは嫌われているかという事を知らなければならない。それならどうして判断するかという事であるが、これを知る方法は実に簡単で、何らの手間暇もいらない、すぐ分かる。それを書いてみよう。
自分はどうも思うようにゆかない、物質に困る、仕事が発展しない、人の信用が薄い、人があまり寄って来ない、健康もおもしろくない、これほど一生懸命にやっているのに、どういう訳だか分からないという人がよくあるが、これこそ神様のお気に入らないからである。神様のお気にさえ入れば仕事はおもしろいように運び、うるさい程人が寄って来る。物質は使いきれない程入って来るという訳で、世の中がとてもおもしろくなるという訳である。
これでほぼ分かったと思うが、こういうような幸福者となる事こそ、初めて信仰というものの価値があるのである。故に、せっかく信仰をしながら幸福がもしつかめないとしたら、必ず自分の心に原因が潜んでいる事を覚るべきである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地