*悲劇を滅する

この世の中において、人間が最も厭うのは悲劇であろう。悲劇を全然なくすることは不可能であるが、ある程度軽減することはあえて難事ではない。それについては、まず悲劇なるものの正体を検討してみよう。
事実、悲劇なるもののその原因のほとんどが病患からであることは、厳然たる事実である。なるほど病気以外、恋愛問題、物質欲等から生まれる不正行為等もあるが、これらもよく検討する時、精神的病患からである事を知るのである。健全なる精神は健全なる肉体に宿るといわれているが、全く真理である。私が長年の研究の成果からみれば、恋愛も不道徳も、不正者も短気も、大酒癖も怠惰も不良少年も、必ずといいたい程肉体的に必ず病的欠陥のある事を発見するのである。とはいうものの、現代までの医学やその他の方法によっても病患を全治し、霊肉ともに健康体になすべき確実なる方法は見当たらないのである。例えその原因は発見し得たところで、真に解決すべき方法がなかった。今日まで病原の発見、治療法の確立を完成し得たと誇称するものも現われるには現われたが、実は一時的効果をあげるに過ぎず、いつしか消えてしまうことはあまりにも多かったのである。全く、たそがれて径遠しの感なくんばあらずである。本紙のおかげ話中、幾多の実例にあるごとく難症重症が解決され、その喜びと感謝に溢るる心情は涙なくしては読まれない程のものである。
以上のごとき病患や不幸の解決は、いわゆる見えざる力の発現によるのであって、神霊の力のいかに偉大であるかは体験者でなくては知り得ないところである。
一切万事、現実とそうして実証的でなければ納得も得られない現代人であるとすれば、いかに巧妙なる理論を説き教えの道をすすめるといえども、現実的効果をみない限り結局は空念仏に過ぎないことになり、あまねく人類を救い社会の福祉を増進することは夢でしかないであろう。
見えざる力が見ゆるものを動かすその力こそ、真の信仰の本質である、本教によって現に行われつつあるところのものはこれであって、この意味において私は力の宗教というのが本当ではないかと思う。そうして既成宗教のほとんどはその名のごとく教えが根本であるから、外部から内面の魂へ向かって覚醒をうながそうとするのである。しかるに本教団によって行うところの浄霊法は、いきなり内面の魂に霊光を放射し、一挙に魂を覚醒させるのである。いわゆる無為にして化する訳で、説教のごときは第二義的のものとするのである。釈尊は即心即仏といい、覚者たれば菩薩であると言ったが、誠にそのとおりである。本教団における入信者はすこぶる短期間で等覚を得、正覚に達し、自己の悲劇を顧慮する必要がないばかりか、進んで他人の悲劇を滅消すべき有資格者となるのである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地