*自然力

大自然、即ち我々が呼吸し棲息しているところのこの世界の構成なるものは、私の研究によれば、まず大別して三つの元素、即ち、火水土から成っているのである。そうして現在、科学及び人間の五感によって知り得たものとしては、電磁気、空気、物質、元素等である。然るに私が言わんとするところは、科学的にも五感によっても未(いま)だ知り得ざるところの気体、即ち霊気である。しかしながら、霊又は霊気という文字は今までとても相当使用されて来たが、その多くは宗教又は心霊科学の面に限られていた。それが為に、霊という言葉はともすれば迷信視せられ、むしろ霊を否定する事をもって、識者の資格とさえ見らるるごとき傾向があった。然るに、何ぞ知らん。この霊なるものの本質こそ、驚くべき力の根源であり、森羅万象あらゆる物の生成活動変化は、これによるのであって、これを私は不可視力とも言うのである。
右のごとくであるから、私は有知の世界を現界といい、未知の世界を霊界として説き進めてみよう。 そもそも、万有の原則として、現界におけるあらゆる事象は、すでに霊界に発生し運動を起こしている。それは、丁度人間が手足を動かす場合、すでに意志が先に動いていると同様の理である。然るに、現界の事象のみによって解決 を与えようとしたのが、現在までの学問の理念であった。文化が進歩せりといいながら、人類の福祉がそれに伴わないというのも、右の理によるのである。故に、現界における事象を解決せんとするには、まず霊界のそれを解決しなければならない。この意味において、病患治療といえども霊界よりの解決、即ち霊をもって霊の治療をなす事こそ、真(しん)の治療法でなければならないのである。
従って、人体といえども霊体は霊界に属し、現体は現界に属しているのは、勿論である。そうして、病気とは集結せる毒素の浄化、即ち毒結の解体作用であるが、その過程を霊体に当てはめる時、毒素溜結は霊体局部の曇りであり、毒結の溶解とは曇りの消滅である。
然るに、既存のいかなる療法といえども、体の解決のみを企図(きと)したのであるから、それは逆法で、病気に対する真の解決法ではなかったのである。
霊体における曇りの解消が、病気治癒の原則であるとしたら、その曇りを解消すべき力は何か、それが即ち人体より放射する一種の神秘光線である。この理を真に把握せんとするには、実地治療を数年間継続する事によって、徹底し得らるるのである。従って、ここでは概念を得る以上には出で難いと思うから、読者はそのつもりで読まれたいのである。
そもそも、人間の霊体とはいかなるものであろうか。この説明に当たって知らなくてはならない事は、死の問題である。即ち、現体が老衰又は病気、負傷、出血等によって使用不能に至った時、霊と体とは分離する。それが死である。故に、死とは現体から霊体が離脱する事である。そうして、霊体は霊界に帰属し、ある時期を経て再生し、現体は腐朽し土に還元する。これは人の知るところである。これによってみても、霊体なるものは無限の生命体であり、現体なるものは有限、第二義的の存在である事を知るのである。従って、人間を取り扱う上においては、霊体こそは真実の対象とされねばならないのである。
近代科学において、あらゆる生物否鉱物、植物等も一種の放射能を有している事が、ようやく知られて来た。私の研究によれば、人体からの放射能は最高級のものであって、昔人の言った、いわゆる人は万物の霊長なりのごとくである。そうして霊は高級である程、その元素は稀薄の度を増し、稀薄の度を増す程機械的には把握し得られないという唯物観とは反対の理になる。故に、かえって低級霊である鉱物におけるラジウム、植物における燐等の把握のほうが容易である。そうして、霊は稀薄であればある程その偉力は増大するという、この原則の認識こそ重要である。しかしながら、人体放射能は最も強力ではあるが、人によりその差別の甚だしい事も想像以上であり、放射能の強力である程治病力も増大する。故に、私はこの放射能を強力化する為、身体の一局部に集中させて放射し、曇りの解消に成功したと共に、各人保有の放射能力を一層強化すべき特殊の技能発揮にも成功したのである。この両者の方法を応用し、原理を知り、経験を積む事によって驚くべき治病能力を発現し得らるるのである。

【昭和22年(1947)御発表】

< 前のページに戻る

所在地