*人は人を咎むる勿れ

時々人を咎める事の可否について聞かれるから、ここに書いてみるが、実をいえば人を咎める権能は神のみが有せられるものであって、人が人を咎めるという事は、実は人が神の地位を犯す事となるのである。また別の面からみるも、人を咎めた結果は良い事はまずない。大抵は逆効果となるものである。
私の事をいうが、私は人が間違った事をしてる場合、見て見ぬ振りをして放っておく。すると間違った事はいつか頭をブッつける時が来る。そこで自ら目が覚め心から悔い改めるものである。これを例えていえば、坂から大石が転がっている際、それを止めようとするようなもので、決して止まるものではない。もし無理に止めようとすると怪我をするのがオチである。故に落ちるのを待って、落ちてからおもむろに上げればいいのである。といってもその場合、そういう事をすると結局失敗するという事は話してやったほうがいい。それによって頭をブッつけた時、ハハァ以前言われた事はこれだなと早く覚るからである。
以上のごとく人間が人間を咎め、権力や何かで無理におさえつけたり脅かしたり、又戒律などで縛るのは一時的で、いつかは必ず反動があり、結局はおもしろくない。どうしても当人自身が非を覚って、心から悔い改めるのでなくては本物ではないのである。
この事は医学にもあてはまる。現代医療は病気に対し、種々な唯物的責道具で病気を止めようとするが、なる程一時は止め得ても必ず反動が起こって再発する。それが初めの病気より悪質である。故に我等の神療法のごとく全然責道具など用いないで、病人自身有する良能の力で自然に治させる。故に、その良能力を増させる方法こそ真の医術である。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地