*社会悪の根源

今日本の最も悩みである社会悪について論じてみよう。その前に為政者や有識者がとっている手段を検討する必要がある。為政者は法規を厳重の上にも厳重にし取り締まっているが、これらは勿論根本にはふれないから、悪人は法規をいかに巧妙に潜るかに専念している。それは法網の隙を狙いつめ、隙あらば破ろうとする。当局は破らせまいとますます法網を密にし、破る隙を与えないよう努力している。全く善悪の知恵比べである。
ところが、前述のような法網をくぐる人間は、前科者、ボス、不良等を連想されやすいが、事実は決してそんな劣等者ばかりではない。上は大臣から政治家、代議士、官吏、実業界の有名人に至るまで、罪を犯さないものはほとんどないといってもいいくらいである。ただ今日犯罪者として表面に浮かび出した者は、その中の一部に過ぎないとさえいわれる程で、世間は被検挙者は不運であるからとよく言うが、それ程表面に現れない多数の犯罪が蔵されている。そうしてこれら犯罪者を深く検討する時、こういう事がいえる。彼等は罪を恐れない。国家に損害を与えたり、社会に害毒を流したり、他人を苦しめたりしても、良心に恥ずる事を知らない。人を咎める事は知っていても、自分を咎める事は知らない。現在国民が納税に苦しんでいる際、宴会などに馬鹿騒ぎをしているのは役人が多い―という事は、しばしば聞くところである。
人間は自身の不正行為に気が咎めなかったり、不純な行為に恥じる心がなかったり、人を苦しめて哀憐の情が起こらなかったりするとしたら、それは最早人間としての価値を失っている。何程口に高邁な理論を説き、学識を誇るといえども、それだけでは人間の価値はない。魂のない物質人間である。かような人間が今日あまりに多過ぎるため社会悪が瀰漫し、地獄的世相を顕出しているのである。一言にして言えば、日本全体が重症患者となっているともいえる。
以上のような憂うべき現象は何が故であろうか。それは全く我々が常にいうところの唯物主義教育のためである事は、一点の疑いを鋏むべき余地はあるまい。この故に、社会悪絶滅の方法は別に困難ではない、ただ唯物主義思想を打破する事―それだけである。然らばその方法は何か、いうまでもなく唯心主義教育である。即ち神を認める事である。霊を霊界の存在を信ずる事である。それが宗教本来の貴重なる使命である。といっても、いたずらに宗教理論を唱えたり、説教やお念仏だけでは神や霊を認識させる事は不可能である。どうしても如実に奇跡を表す事であり、顕著な現当利益を与える事であって、それ以外に唯物思想を打破する方法は絶対にないのである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地