*善を楽しむ

私はつくづく世の中を観ると、多くの人間の楽しみとしているところのものは、善か悪かに分けてみると、情ないかな、どうも悪の楽しみのほうがずっと多いようである。いな楽しみは悪でなくてはならないように思っている人も少なくないらしい。
まず一家の主人公であるが、生活に余裕ができると花柳の巷へ行きたがり、二号などを囲いたがる。しかも、それがための金銭は正当でない手段によって得うるほうが多いようであるが、勿論それは悪に属する行為である。それがため危ない橋を渡り、国家社会に損失を与えたり、自分自身としても家庭の円満を欠き、不安の生活を送ることになろう。しかも成功と享楽が人生最後の目的であるかのごとく思惟し、知らず知らずのうちに現世的地獄に転落するのであって、そういう人士は中流以上に多いことである。と共に、それら成功者を見る大衆は外面の様相のみに眩惑され、人生これなるかなと羨望し、そのまねをしたがるから、何時になっても良い社会とはならないのである。また正直者はバカを見るという言葉もあり、まじめに世渡りをしている者は下積みになり、危ない綱渡りをする者が出世をして豪奢な生活をするとい う現状である。そのほか官吏の役得、会社員の不正利得、政治家の闇収入等々、全く俯仰天地に恥じない人は今日何人ありやといいたい程である。
ここにおいて、私は善を楽しむことを教えたいのである。即ち相当社会に頭角を現すようになっても、柳暗花明の巷に出入りすることはできるだけ避け、余財あれば社会公共のために費し、困窮者を助け善徳を施し、神仏に帰依し、ときどきは家族を引きつれ映画、演劇、旅行等を楽しむのである。こういうようなやり方であれば、一家は団欒し、妻は夫を尊敬し感謝するようになり、子女のごときも、まず不良になる心配はないであろう。従って経済不安もなく、不摂生もなく、健康も恵まれ、長寿も保ち得らるるわけで、日々を楽しみ、心は常に洋々たるものがある。明治の富豪として有名な大倉喜八郎氏はおもしろいことを言った。「人間長生きをしたければ借金をしないことである」と。それは借金ほど精神的苦痛はないからである。私も二十年間借金で苦しんだ経験があるので、よく分かる気がする。しかるに、現代人の中には暴露すれば法にふれたり瀆職罪になったりするようなことをなし、暗闇の取引を好み、妻君に知れたら大騒動が起こるような秘密を作り、高利の借金をし、常に戦々兢々として不安の日を送っており、その苦痛を酒によって紛らそうとする。酒が何程高くなっても売れるのは、そういうわけもあろう。従って健康を害し、短命となるのは言うまでもないと共に、こういう泥沼生活に入ったものは、なかなか抜け出ることができないのが通例である。まず抜け出る唯 一の方法としては宗教に入ることで、それ以外に方法はないであろう。
私は、以上のごとき善悪二筋道を書いてみた。悪を楽しむ人と善を楽しむ人とである。読者諸士よ、卿等はいずれを選ぶや、熟慮を望むのである。

【昭和23年(1948)御発表】

< 前のページに戻る

所在地