*世界人たれ

これからの人間は世界人にならなければだめだ。これについておもしろい話がある。終戦直後、ある軍人あがりの人が私の所へ来て、忿懣に堪えない面持ちで「今度の降伏はどう考えても分らない。実に怪しからん」といって憤慨しながら話しかけるのだが、私のほうはサッパリ気が乗らないので、彼は呆れたらしく、いわく「先生は日本人ですか」と聞くから、即座に私は「日本人じゃない」と答えると、彼はギョッとして、震えながら「ではどこの国の人間ですか」と聞き返えすので、私は言ってやった。「つまり世界人なんですよ」その言葉に、彼はポカンと気の抜けたような顔をして、その意味の納得のゆくまで説明してくれろというので、私もいろいろ話してやったが、今それを土台にして書いてみよう。
元来日本人とか支那人とかいって、差別をつけるのが第一間違っている。あの頃の日本人がそれで、日清、日露の二回の戦役に勝ち、急に一等国の仲間入りをしたのでのぼせあがり、日本は神国なりなどと、何か特別の国のように思ったり思わせたりして、遂にあのような戦争まで引き起こしたのである。そんな訳だから、他国民を犬猫のように侮蔑し、その国の人間を殺すなど何とも思わず、思いのままに他国を荒し回ったので、ついに今日のような敗戦の憂き目をみる事になったのである。そのように自分の国さえよけりゃ、人の国などどうなってもいいというような思想がある限り、到底世界の平和は望めないのである。これを日本の国だけとして例えてみても分かる。丁度県と県との争いのようなものとしたら、日本内の事であるから、いわば兄弟同志の食み合いで、簡単に型がつくにきまっている。この道理を世界的に押し拡げればいいのである。彼の明治大帝の御製にある有名な〝四方の海 みな同胞と思ふ世に など波風の立ち騒ぐらむ〞即ちこれである。みんなこの考えになれば、明日からでも世界平和は成り立つのである。全人類が右のような広い気持ちになったとしたら、世界中どの国も内輪同志という訳で、戦争など起こりよう訳がないではないか。この理によって今日でも何々主義、何々思想などといって、その仲間のグループを作り、他を仇のように思ったり、ヤレ国是だとか、何国魂とか、何々国家主義だとか、神国などといって、一人よがりの思想がその国を誤らせるのみか、世界平和の妨害ともなるのである。だからこの際少なくとも日本人全体は、今度の講和を記念として世界人となり、今までの小乗的考えを揚棄し、大乗的考えになる事である。これが今後の世界における最も進歩的思想であって、世界はこの種の人間を必要とするのである。話は違うが宗教などもそれと同じで、何々教だとか、何々宗、何々派などといって派閥など作るのは、もはや時代遅れである。ところが自慢じゃないが本教である。本教が他の宗教に対して〝触るるな〞などというケチな考えは、いささかもない。かえって触るるのを喜ぶくらいである。というのは本教は全人類を融和させ、世界を一家のごとくする平和主義であるからで、この意味において、本教ではいかなる宗教でも仲間同志と心得、お互いに手を携え仲良く進もうとするのである。 

【昭和26年(1951)御発表】

< 前のページに戻る

所在地