*宗教の観方

世人が宗教を見る場合、甚だ正鵠を得ていない事に気がつく。それは宗教なるものの地位である。というのは、宗教は他の何ものよりも最高に位するものであるからである。故に哲学も、道徳も、科学も、宗教からみれば以下の存在であるのは勿論である。ところがそれを知らないため、宗教哲学等という言葉があるが、これは宗教を 哲学的に解釈しようとするもので、全く逆である。形而上のものを形而下の理論で解こうとするのである。何となれば宗教は神が造ったものであり、哲学は人が造った ものであるからである。また宗教と道徳とも違う。勿論道徳も人が造ったもので、ただ哲学と違うところは哲学は科学的西洋的であるに反し、道徳は心理的東洋的のものである。また科学は哲学や道徳に比べて一層形而下的で、宗教と隔たる点の最も著しい事はいうまでもない。
以上によってみても、現代有識者の宗教観がいかに当を得ていないかが分かるであろう。しかし右を今一層徹 底してみると、こういう事になる。元来哲学とは人間の創造的理論の組み立てによって今日に至ったものであるから、宗教と比べる時その価値はおのずから明らかであ る。究極するところ壁にブツかってどうにもならなくなる。その証拠には、哲学は研究すればする程迷路に落ち込み、懐疑は懐疑を生み、到底結論は得られない結果厭 世的になりやすく、極端なのは自殺によって解決しようとするものさえあるくらいで、これは誰も知るところであろう。
次に道徳であるが、これは今日まで相当人類社会に貢献したのは勿論であるが、これとても有能者の頭脳から生まれた一種の戒律的人心を改善するものであるから、人間の魂を根本的に揺り動かす事は出来ないのみならず、昔の日本なればイザ知らず、今日のごとく一切が西洋文化に支配されている以上、道徳という東洋的なものではもはや今日の人間を納得さす事は出来得ない。何よりも道徳の影は漸次薄れつつあるにみて明らかである。
次は唯物科学であるが、これは我等が常に批判しつつあるところで今更言う必要はないが、とにかく現在文化といえば科学そのものとしているくらいで、文化の進歩とは科学の進歩とみている現状である。ところが科学の進歩によって人類の幸福は如何に増大されたかは疑問である。むしろ正比例的に不幸の増大をさえ思わしむる事実である。今日恐るべき原爆戦争の脅威に晒されている世界人類をみれば、多言を要しないであろう。
ここにおいて、一体全人類は一部の例外を除き何を望んでいるであろうかを検討してみる時、言うまでもなく幸福そのものである。科学の進歩発達も人類の幸福を目的としたものにほかならないが、悲しいかな事実はその逆でさえある。とすれば、その根本を探究する事こそ今日の急務であらねばならないのである。
さきに述べたごとく、哲学でも道徳でも科学でも解決の力がないとすれば、宗教以外に何があるであろうか。この点識者においても気のつかない事はなかろうが、事実宗教といえば現在までの既成宗教を標準としている以上、既成宗教によって右の条件を解決出来ようとは思えないのである。従って、人類の幸福などはいつの日に達成さるべきか、見当さえつかないのであろう。何となれば、実に暗澹たる世相である。
然るに、以上のごとく諦め切ってしまった世界へ出現したのが、我等の超宗教的一大救済力である。おそらく何人も夢想だもしなかったもので、容易に受入れ難いではあろうが、しかし事実を否定する事は出来ない。何よりも一度本教の真相を知るにおいては、盲目者が開眼の喜びにあったごとく豁然として覚醒するので、その喜びの報告は本教刊行物に満載されているのが何よりの証拠である。故に真の幸福を得んとする人達よ、まず試みに本教に触れてみる事である。いかに美味なる食物でも、説明を聞き眼で見るだけでは分かるはずがない。まず口へ入れて味わうべきで、味わってみて初めて分かるのである。おそらく今まで味わった事のない醍醐味に、何人といえども満足せずにはおいであろう。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地