*神徳斯くの如く験かなり

本教の信仰は、昔からあるあらゆるそれとは大いに異なっている。というのは既成宗教においては、神と人との関係があまりハッキリしていないのである。といっても彼のキリスト教始め数ある宗教の中には、なるほど熱烈な信仰を捧げる時驚くべき奇跡が現れ、神意が明らかに感得される例も少なくはないので、そのためにこそ何百何千年にわたって、多くの人達に魂の糧を与えて来たのである。しかも今日大をなしてる宗教程、そうであるのは言うまでもない。
ところが本教においては、神と人との結びつきがあまりにもハッキリしている。何しろ現在のごとく紀元末ともいうべき地獄世界を救うとしたら、既成宗教以上の超宗教的力をもっていなくてはならないはずである。従ってこの救世の力を発揮する基本条件としては、神と人との関係が非常にハッキリしていなければならない訳である。なるほど難病が救われ、無い命が恵まれた以上、無限の感謝がわくのは当然であって、それを具体的に表してこそ、神は第二の恵みを与えられるのである。
そうしてそれに報ゆるとともに、恵まれた命は何がためかという事を考えてみるべきである。勿論御神業のお役に立てんがための神意である。これについては、先日も神様の事は一切理屈に合わなければいけない。理屈にはずれるから再浄化が起こったり、命までなくすのである。それに引き換え、戴いた命はもはや自分のものではない、神様の御手にある以上、救世のため力限りベストをつくす。そうしたなら再浄化などは消し飛んでしまうので、反対に歓喜幸福な境遇になるのは、絶対間違いないのである。
従って、不幸になるのも幸福になるのも自分の心がけ次第で、この点一分一厘も違いないのである。

【昭和28年(1953)御発表】

< 前のページに戻る

所在地