*物を識るという事

この〝物を識る〟という言葉ほど深遠微妙にして意味深長なものはあるまい。おそらくこの語は世界に誇っていい日本語といえよう。しかし簡単には分かり難い言葉なので、今出来るだけ分かりやすく書いてみよう。
物を識っているという言葉の意味を解剖してみると、こういう事になる。それは世の中のあらゆるものを経験し、透徹し、実体を掴み、何らかの形によって表現するという意味である。例えばある問題に対して、こうすればこうなるという唯一つの急所を発見する事である。それに引き換え、大人気ない小児病的議論を振り回したり、軽率な行動に出たり、人から非難され軽蔑される事に気がつかないで平気で行う事が、つまり物が見えない、物を知らないという人である。世間よくいわれる、あやつはまだ若いとか、乳臭いとか、野暮天だとかいわれるのがそういう人間である。また識者という言葉があるが、これは物を識っている人を文化的にいったのである。
以上によってみても、今日の政治家などは物を識らない人が多過ぎる。大した問題でもないのに無理に大きく取り上げて騒ぎ立て、識者から顰蹙される事に気がつかないのであって、自己の低級さを表白する以外の何物でもないのである。そうして、こういう人間に限って小乗的主観の亡者である。こういう小人物の行動によっていつも国会の能率は阻害され、国会の信用を傷つけられる。常にひとりよがり的売名に一生懸命である。故にこの物を識らない人を言い換えればわからずやでもある。
今日政治の論議なども、長い時間を潰してもなかなか結論が得られないのは、右のようなわからずやが多過ぎるからであろう。分かった人が多ければ容易に一致点を見いだされるはずである。ところがここで困る事には、物の分かった人はどうも出しゃばりを嫌い、わからずやと争うのを避けようとし、つい温和しくなり、引っ込み思案となる。ところが、わからずや共はこれをよい事にしてますます出しゃばる。ところが世の中はおもしろいもので、出しゃばると有名になる。有名になると選挙の時の当選率が高くなるので、その結果分かった人はいつも少数となり、わからずやが多数を占めるという事になる。近頃のごとく、問題の論議に徹夜までしなければ結論を得られないというのは、よくそれを表わしている。
とはいうものの、結局は分かった人の意見が採用されるのも事実である。何よりも政界で頭角を顕わす程の人は出しゃばらないでいて、いつとはなしに人望を博し重用 されるのである。今の吉田首相などは、現政治家中一番ものの分かった人といえるであろう。
ところがひとり政界のみならず、社会各面における有能者といわるる人は、比較的物の分かった人であるのは自然のなりゆきであろう。以上は精神的方面を書いたのであるが、次に他の面即ち物的の面を書いてみよう。
これを分かりやすく書くには、芸術的方面が一番いい。というのは、物を識っている人は偉人型が多いと共に、審美眼においても勝れているからである。
まず最先に取り上げたい人は、彼の聖徳太子である。彼が仏教文化特に芸術方面に勝れていた事は、論議の余地はあるまい。今なお法隆寺その他に残っている物のいずれも、燦として光を放っているにみても明らかである。また有名な憲法十七条は、日本における法の基礎ともいえよう。次に挙げたいのは彼の足利義政である。彼が他の面ではとやかくいわれるが、芸術方面に至っては立派な功績を残した。彼の銀閣寺のごとき建造物はもとより、彼は支那美術を好み宋元時代の優秀なる芸術品を蒐めたほか、日本美術を奨励し、珍什名器を作らせた事で、東山御物として今もなお我等の鑑賞眼を満足させている功績は、高く評価してよかろう。
ここで吾々が最も最大級の讃辞を与えたい人物としては、彼の豊太閤であろう。彼が桃山式絢爛たる芸術文化を生んだ半面、侘の芸術としての茶の湯に力を注いだ事で、それまで甚だ微々たる存在であった茶の湯を、一世の鬼才千利休を助け、茶道大成の輝かしい功績を残した事も、特筆大書すべきであろう。これらによって、当時美術文化の勃興と共に名人巨匠続々輩出した。彼の小堀遠州や楽陶の名手長次郎のごときもそれである。彼はまた義政に習い、支那日本の美術はもとより朝鮮の名器までも蒐集し、日本の陶芸に新生命を与えたのも彼の業績である。ここで見逃し得ないのは、彼の本阿弥光悦の生まれた事である。彼光悦は絵を画き、書を能くし、蒔絵に新規軸を出し、楽陶を作る等、いずれも独創的のもので、ゆくところ可ならざるなき多芸ぶりは、到底他の追随を許さないものがあった。しかも彼が予期しない一大功績を残した一事は、彼没後百年を経て、日本が生んだ最高峰の偉匠尾形光琳である。彼はすでに亡き光悦を慕い、出藍の一大名人となった。その他陶工仁清、乾山も差しはさまない訳にはゆくまい。そのまた流れを汲んだのが抱一で、彼も凡手ではなかった。
しかも秀吉の傑出している点は、彼が百姓の子でありながら、若年にしてすでに美術の趣味を解し、早くから名器を蒐めたという一事は誠に驚嘆すべきものである。普通世間からいえば物を識るまでには相当の苦労を重ね、しかも中流以上の境遇を条件とするに対し、彼のごとき卑賤より出て、ほとんど戦塵の巷ちまたを彷徨し続けきたったにかかわらず、いつどこで習得したかは分からないが、あれ程物を識る人間となったという事は、実に稀世の偉人というべきである。
ここで文芸の面を瞥見する時、何といっても歌人としては西行、俳人としては芭蕉であろう。この二聖の芸術は、物を識る人にしてはじめて成る作品であり、その代表作としていつも私の頭を去らないのは、
西行の
心なき 身にもあわれは知られける 鴫立つ沢の秋の夕暮-と
芭蕉の
寂けさや 岩にしみ入る 蝉の声
である。
また今一人書き落とし難い物を識る人がある。それは不昧公の名で知られている彼の松平雲州公である。彼が多数の珍什名器を蒐め整理し、分散を防ぎ、萎靡せんとする茶道に活を入れたるその跡をみれば、彼もまた尊敬すべき人といっていい。
近代に至って物を識る人として、私は俳優故市川団十郎を挙げたい。これは自観随談に詳しくのせてあるからここでは略すが、とにかく大ザッパに代表的の数人を書いたが、物を識る人とは全く最高の文化人であって、彼等の業績がいかに後世の人々の魂の糧を与え、趣味を豊富にし、情操を高からしめたかは今更言うまでもあるまい。なるほど発明発見や学問の進歩も人類文化に貢献する力は誰しも知っている事ではあるが、右に説いたごとく、物を識る人の業績がいかに暗々裡に文化に貢献したかは、改めて見直す必要があろう。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地