*五六七(みろく)世界の建設

我等が唱える五六七世界の実相は目下執筆中で、いずれ発表するつもりであるが、ここでは五六七世界建設までの過程について述べようとするのである。勿論五六七世界とはキリストの予言した天国であり、釈迦の唱えたいわゆる弥勒の世である。しかるに、この理想世界たる五六七世界は、今や孤々の声を挙げんとする寸前に迫っている事である。私の霊感によれば、今霊界においてはすでに五六七世界の土台は築かれたのである。これによって近き将来いとも現実的にこの地上に出現する事は疑う余地はないのであるから、何と有り難い時節に生まれたものではないか。実に我々は歓喜に堪えないのである。
それについて知らねばならない事は、例えば今ここに一大豪壮な建築物を建造せんとする場合、今までその土地に存在していた古い家は破壊されなければならない。勿論その古材の中から新建築に役立つものを選び、洗い浄め、削り直して使用する事は勿論であって、今や五六七世界建設に当たっても、それと同様な事象が行われるであろう。それについて今後発生するあらゆる事態が、人間の眼からみて理屈に合わないような事や、無益と思う事、破壊的の事等もあるかも知れないが、それは汚穢の一大清掃である事を知らねばならない。しかし一切は神意の具現である以上、人間の凡眼によってとやかく判断する事は出来ないとすれば、人間たるもの大いに謙譲となって一切の推移に順応すべきである。
この事を霊感によって知識し得た我等は、常に偉大なる神意を曲解せざるよう介意し、正しい神観をもって今後人類の経験にないいかなる異常時や崩壊作用も、信仰に徹する者の特権として与えられたる安心立命の境地に住し、生を楽しみつつ時を待つべきである。このような甚だ掴みどころのない言い方も、深遠なる神の密意は現在具体的に言う事は出来ないからである。
要するに弥勒世界実現前、当然経なければならないその過程に対処する心構えを整えるべきである。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地