*夢に就いて

私は夢についてよく人から聞かれるので、ここに語ってみよう。およそ人間と生まれて夢をみない人はあるまい。しかし単に夢といってもいろいろある。ざっと種類を並べてみれば、神夢、霊夢、雑夢、正夢、逆夢等であって、神夢とは神のお告げであり、霊夢とは守護神の警告であり、雑夢とは他愛もない何人も常にみる夢である。正夢とは読んで字のごとく、夢の通りが事実に現れ、逆夢とはその反対である。元来夢というのは幽冥という言葉を詰めたもので、その人の霊が睡眠と共に離脱し幽 冥界にゆくのである。そうして、その場合潜在意識や常に希望している事などが種々の形となって表れ、連続的でとりとめのないもので、これは人間の作為である。神夢は信仰者に限るので、その信仰する神霊が何等かの必要によって夢をもってお告げをされるのである。霊夢は守護神が夢をもって知らせるのであるから、大抵は守護神の創作により寓意的や比喩的なものが多く、夢判断を要するものが多いのである。先にのべたごとく現界は霊界の移写であり、種々の事象は先に霊界に起るから霊界にいる守護神には前もって分かるので、右の手段をとるのである。よく虫が知らせるというのは守護神の知らせである。
霊が幽冥界に脱出する時、霊と肉体とは霊線によってつながっており、目がさめるや一瞬にして肉体に戻るのである。
ここに注意すべき事がある。それは熟睡をすれば夢をみないという説であるが、これは間違っている。もっとも非常に疲れた時などは夢をみないが、浅い眠りは夢をみる。これは気にする事は少しもない。浅い眠りでも夢をみるという事は確実なる睡眠に違いないからである。私などは人と談話をしながら薄ら眠い事があり、一分か二分夢をみる事がある。電車の吊革へブラ下がりながら夢を見る事もあるが、別に何ともない。夢をみる人は頭が悪いように心配するが、そんな事は決してない。私などは若い時はあまり夢をみなかったが、その頃のほうがかえって頭が悪かったように思う。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地