*神は正なり

今更神は正なりなどというのはおかしな話であるが、一般人はもちろん宗教にたずさわる教師も一般信者も、とかく忘れがちであるからここに書くのである。というのは、本教などは特に正義と善行に力を入れているにかかわらず、まれには本道から逸脱し、あらぬ方面へさまよう者もないことはないからである。そのような場合必ず神からお気付けを頂くが、それを無視する場合神の大鉄槌をこうむるのである。
まず普通信仰者の最初のうちは至極まじめに御神徳や奇跡に感激し、熱心な信仰を続けつつあるのであるが、正しい信仰である以上おかげは著しく、自然多数の人から尊敬されることになり、生活境遇も大いに恵まれるので、本来なればいよいよ神恩に感謝し、一層身を慎み、報恩につくすべきにかかわらず、凡人の悲しさ、知らず知らず恩になれ慢心が生じ、心に隙ができるのである。ところが邪神はこの隙を常にねらいつめているので、得たりかしこしとその隙に入りこみ、その人を占領し肉体を自由自在に操るようになるので、実に危ういかなというべきである。しかも覇気あり役にたつ人ほど邪神はねらうのである。しかし本当に正しい信仰者でありとしたら、邪神は手が出ないので諦めてしまうから安全であるが、なかには引っ掛かる人もあるので、この点なかなかむずかしいのである。
しかし、これも標準に照らしてみればよく分かる。つまり自己愛の有無である。神様のため人類のためのみを第一義とし、自己の利害など考えずまっしぐらに進めばいいので、こういう人こそ邪神はどうすることもできないのである。ところが少しうまくゆくと自惚が出る、自分が偉いと思う、この時が危ないのである。ついに野心をもつようになる。それがため自己を偉くみせようとし勢力を得ようとする。実に恐ろしいことである。一度こうなると邪神はますます魂深く入りこみ、ついに占有してしまう。しかも大きい邪神になると相当の霊力を発揮する。もちろん一時的霊力ではあるが、病気を治したり奇跡なども現すから、慢心はいよいよ増長し、ついには何々神の身魂とさえ思わせられ、生神様となってしまうのである。こういう生神様は、世間にたくさんある新宗教の教祖などは、ほとんどこの類である。しかし本当の神様ではないから、ある時期までで没落してしまうのである。ここで注意すべきは、そういう宗教の教祖とか生神様とかいうものの態度を、厳正なる眼をもって見ればよく分かる。その著しい点は、愛の薄いことと、信仰は小乗的戒律的で厳しいとともに、自分のいう事を聞かないと罰があたるとか、自分のグループまたは信仰から抜ければ滅びるとか、生命がないとかいっておどし、離反をくいとめようとする、いわゆる脅迫信仰である。こういう点がいささかでもあれば、それは邪神と断定して間違いないのである。
私が常にいうとおり、正しい信仰とは大乗的で自由主義的であるから、信仰の持続も離脱も自由であるとともに、天国的で明朗快活である。ところが反対に秋霜烈日のごとき厳しい戒律信仰は邪教であり、信仰地獄である。特に注意すべきは、これは人に言ってはいけないなどというような、いささかでも秘密があれば邪神と思って いい。正しい信仰は何ら秘密がなく明朗そのものである。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地