*善と悪

私は神と悪魔について説こうと思うが、これは誠に困難である。何となれば、人間は人間であって神でもなければ悪魔でもないからである。しかしながら人間には自由がある。ここでいう自由とは自由主義ではない。しからば何か。それは人間が神にもなり得れば悪魔にもなり得るという自由である。そこで私は、霊界研究から得た神と悪魔なるものについての見解を述べてみよう。
まず神の意志とは何ぞやというに、それは絶対愛と慈悲そのものである。しかしながら、私のいう神とは正しい神であって、邪神ではない。という事も変な訳であるが、神には邪はなく正そのものが本質であるからである。従ってここでいう邪神とは本来正しい神でありながら一時的過誤に陥ったという訳である。なぜ神にして過 ちを侵すかというに、正神邪神は常に闘争している。その場合八百万の神といえども、最高級の神から最下級の神に至るまでの階級は、百八十一とされている。従って二流以下の神は往々邪神に負ける。即ちある期間邪神の虜になるのである。本居宣長の歌に「八百万 神はあれども心せよ 鳥なるもあり虫なるもあり」というのがあるが、その点をよく喝破している。そうして、今日までの夜の世界は邪神の力が強く、正神は常に圧迫され勝ちであった。世の乱れはそれがためである。そうして、昔から善悪不二、正邪一如等という言葉があるが、これは全く真理である。善悪とは相対的なものであって、善があるから悪があり、悪があるから善がある。従って善悪は時所位に応じて決めらるべきで、例えば今日の時代に善であったものが、次の時代には悪になる場合もあり、個人的には人一人殺しても殺人罪になるが、戦争のごとく集団的に大勢を殺す場合、罪人どころか殊勲者として賞讃さるるのである。しかしながら、個人にせよ、国家的にせよ、悪は一時栄えても結局は破滅するが、善においては一時的には苦しむが、時が来れば必ず栄える。しかも死後の世界の実相を知るにおいて、善は永遠の幸福者たりうるのである。そうして、人間が神になるか悪魔になるかを容易に知りうる方法がある。それは見えざるものを信ずるか否かである。即ち、見えざるものを信ずる人は神にまで向上し、その反対者は悪魔にまで堕落する危険があるのである。
そもそも人間が悪を行わないという事は、見えざるもの即ち神仏が見てござるという観念によるからで、この世界に見えざるものは何にもないと思う心は、人に見られない、知られなければ如何なる悪事をしてもかまわないという観念になる。故にこの思想を推し進めてゆく時、結局悪魔にまで堕する訳である。従って唯物主義 者に真の善人がありよう訳がない。もし唯物主義者にして善人でありとすれば、それは中心からの善人ではなく、信用を保たんがための打算的で、暴露の場合信用の 失墜を恐れるからで、いわば功利的善者でしかないという事になる。読者よ、こういう偽装善人があまりにも多い現代社会ではあるまいか。この意味において、見え ざるものを信ずる人こそ真の善人でありと断定して差し支えないのである。
ここに注意すべき事がある。それは正神と邪神との信仰の結果である。それは世間往々神仏を熱心に信仰しながらも、家庭の者や他人に対する行動のおもしろから ざるものがある。愛がなく利他的観念が乏しかったり、または虚偽・不正を平気で行うという人があるが、これらは信仰の目標である神仏が邪であるからで、それ についてこういう話がある。ここに一人の旅人があったが、無銭飲食によって警官が訊問し懐中を調べた。ところが胴巻に百円の札束があったので詰問したところ、 「この金は○○寺様へ奉納する金だから、百円から一文も減らす事は出来ない」という。これなどは邪宗信者の典型であろう。従って、このような信仰者は一生懸命 信仰しながら邪道へ陥り、不幸者となるのである。故に信仰に熱心であればある程健康を増し、家庭は円満となり、家は富み栄え、他人から敬愛されるというよう になるこそ正しい信仰の結果で、勿論その神は高級なる正神正仏である。
またこういう事もある。全くの至誠をもって神に仕え、熱烈なる信仰を捧げ長年月に及ぶも病気、貧困、不幸等絶えず襲いかかり、苦悩の生活から離脱出来ない人 があるが、それに対し道理をつけて善に解釈する。即ち神の試練または罪障消滅なる言葉である。また難病の場合宗教家に相談すると、曰く”人間は須すべからく死生を超越せよ”などというのである。しかるに私は思う。右の両方共正神であるが実は二流以下の神で、絶対の力がないからである。しからば、今日まですべての宗教、すべての神はなぜ絶対力を発揮し得なかったかという点であるが、これには理由がある。即ち夜の世界の期間は月神系の神仏であって、月神系は二流以下の神格である から、絶対力を発揮し得なかったのである。

【昭和22年(1947)御発表】

< 前のページに戻る

所在地