*大乗と小乗

大乗と小乗についてよく聞かれるが、この事については以前にも相当書いた事があったが、どうもまだ徹底しないようだから再び筆を執ったのである。
まず根本から説いてみるが、大乗は緯で小乗は経である。即ち大乗は水で、小乗は火である。だから大乗はどこまでも拡がるから無限大である。小乗は深くして高くはあるが狭い事になる。例えばキリスト教は大乗だから世界的に拡がったが、それに引き換え仏教は小乗だから拡がらない、孤立的になる。また大乗は唯物的で、小乗は精神的であるから、キリスト教によって白人文明は物質的に発展したが、仏教は精神文明であるから隠遁的で、一時は発展したが漸次衰えつつある。
また卑近な例ではあるが、日本が米国に負けたのは、日本は火でありアメリカは水であるから、どうしても火の日本は水のアメリカに消されてしまう。以上のように今日までの世界は、火の経と水の緯とが対立的であった。これについて、今一つこういう点も見逃す事は出来ない。それは彼の共産主義も火であるから、赤い色である。とすれば、これもアメリカの水と対立している訳である。だから、最後に世界は経と緯と必ず結ぶ事になる。即ち十字形である。この十字形文化こそ理想世界の完成であって、キリスト教の十字もそれを暗示したものである。なるほどキリストの受難である十字架も、そういう意味もあるがこれは小さい。神ともあろうものがそんな小さい意味だけではない。右のような大きな意味も示唆している事を知らねばならない。
又、十字形とは、経は霊で緯は体であるから、どちらに偏っても本当ではない。前述のごとく両方が結んでこそ完璧である。即ち大乗にして小乗、小乗にして大乗であらねばならない。そのように結んだ真中なか が、伊都能売という観音様のお働きになる。観音様は男であり女であるというのも、その意味にほかならない。故に十字の真中に心をおくとすれば、千変万化、融通無碍の働きが出来るのである。即ち心魂を中心におく時はいとも小さいが、一度経緯へ拡がれば如何程でも大きくなる。そうして経の働きは厳として犯すべからざる父のごとく、緯の働きは自由自在で春のごとく、何人も懐かしむ母のごとくでなければならない。また気候にしても冬は小乗であり夏は大乗であるから、どちらも極端で、春と秋がよい気候であるから、これが十字形の真中であり中性である。だからこの時を彼ひ岸というのは、理想である彼 方なたの岸、即ち天国浄土的の気候であるから、お祝いをしたり、お寺詣りをして霊を慰めるのである。
以上によって、大乗小乗の大体は理解されたであろう。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地