*医学療法方と信仰療法

今日医師諸君は勿論のこと、インテリ階級の人達は例外なく、信仰で病気が治る事実に対し、決まって左の如き解釈をする。大体病気というものは、病は気からといって精神作用が案外大きいものであるから、信仰で病気を治そうとする場合、その宗教の教師などから神仏の利益を過大に言われ、言葉巧みに必ず治るように思わせられるので、何しろそれまで医療でも何の療法でも治らないで困り抜いている際とて、まともに信じてしまい、まずそれだけで精神的に快方に向かうので、別段神仏の利益でない事は勿論であるという観方である。そんな訳だから本教の治病奇跡がどんなに素晴しいと聞かされても、右のような解釈で片付けてしまうのであるからやりきれない。そのたびごとに、吾々は憤慨を通り越して呆れるばかりである。もっともそう思うのも無理はないかも知れない。なぜなれば、今日までの信仰療法の多くがそれであるからである。
ところが本教の病気治しは、それらとは根本的に異なっている。それをこれから詳しく書いてみるが、まず本教へ治療を乞いに来る限りの人々は、勿論最初から疑っている。何しろ新聞雑誌はもとより、大部分の社会人殊に知識人などは、必ずと言いたい程病気は医薬で治すものと決めているからで、今日の如く素晴しい進歩した医学と信じきっており、これ以外病を治すものはないと思っている。しかも最近アメリカで発見の新薬もそうだが、その他精巧な機械、手術の巧緻等々によって、安心して任せている現在、そんな新宗教の病気治しなどは問題にならないではないか。そんなものを信用したが最後、とんでもないことになるかも知れない。それこそ迷信以外の何物でもない、といろいろの人から言われるので、それもそうだと思い、宗教治病の機会があっても逃してしまうのである。ところが病気のほうは遠慮なくますます悪化し、ついには死の一歩手前にまで追いつめられる結果、自分から医療に愛想をつかした人々は、本教に縋ることになるが、そういう人はごく運のいい人で、大部分の人は医療にはまったままお国替となるので、実に気の毒なものである。という訳で病気は治らず、金はかかり放題、苦痛は増すばかりなので、煩悶、懊悩の際、たまたま本教の話を聞くが、これ程科学が進歩した今日、そんな不思議な事があってたまるものかとテンデ話にならないが、ほかにどうしようもないので、では騙されるつもりで、一度試してみよう、くらいの肚でやって来る人が大部分で、初めから信ずる人などほとんどないといってもいい。としたら精神作用など微塵もない。ところで来てみると医学の素養など全然ない、はなはだ風采あがらない先生らしい御仁が、薬も機械も使わず、身体にも触れず、ただ空間に手をかざすだけなので、唖然としてしまい、大病院や博士でも治らないこれ程の大病が、あんな他愛ないやり方で治るなどとはどうしても思えない、だがせっかく来たので帰る訳にもゆかないから、マァー一度だけ試してみようとやってもらうと、これは又何たる不思議、たちまち病気以来かつてない程のいい気持になり、苦痛も軽くなるのでいよいよわからなくなる。
しかしわかってもわからないでも、よくなりさえすりゃいいという訳で、どんな頑固な人でも無神論者でも、一遍に頭を下げ、百八十度の転換となる。これがほとんどの人の経路である。
以上の事実を仔細にみても、本教治療法のどこに精神的狙いがあるのであろうかである。ところがそれに引替え医学のほうはどうであろうか、むしろ精神面からいって比べものにならないではないか。まず当局はじめ言論機関、学校教育等々、医学の進歩を盛んに強調し、これ以上のものはないとして、病気になったら手遅れにならないうち、一刻も早く医師に診てもらい、指示どおりにせよ。それが正しい方法で、決してほかの療法などに迷ってはいけないと極力注意する。しかも立派な大病院、有名な博士、完備せる施設、精巧な機械、新薬等々、実に至れり尽くせりで、これを見ただけでもどんな病気でも治ると思うのは当然で、安心してお任せするのが今日の常識である。このような訳で医学を信ずる人はあっても、疑う人など一人もないのである。
以上によってみても、医学に対する信頼は百パーセントであるに反し、吾々のほうの信用はゼロよりもマイナスなくらいである。にもかかわらず、その結果は散々医療で治らない病人が、わがほうへ来るやたちまち治ってしまうのであるから、その治病力の差は月とスッポンといえるのである。この事実を公平に言えば、現代医学こそ迷信であり、わが医学こそ正信であると断言できるのである。つまり医学を信じて生命を失なうか、信じないで助かるかのどちらかであろうといったら、おそらくこれを読んで愕然としない人はあるまい。これは歴史的に見てもわかるとおり、時代の変遷は昨日の真理も、今日の逆理となる事さえ往々あるのであるから、あえて不思議ともいえまい。このような明らかな道理が今日までわからなかったのは、全く過去の亡霊に取憑かれていたからであり、それを発見する人が出なかった為でもある。又世間こういう人がよくある。もしそんな事で病気が治るとしたら、医者も薬もいらないではないかと言うのである。全くそのとおりで医者や薬が無くなったら、世の中に病人はなくなると答えざるを得ないのである。以上の如く、現代医学こそ世界的迷信の最大なるものであって、人類から病を無くすとしたら、何よりもこの迷信を打 破する事こそ先決問題である。

【昭和27年(1952)御発表】

< 前のページに戻る

所在地