*本教救いの特異性

本教の使命は地獄で苦しんでいる人達を天国へ救うので、それによって社会を天国化そうとするのである。この意味において人を天国へ救うには、まず自分が天国に上がって天国人となり、大衆を救い上げるのである。つまり地獄から天国へ梯子をかけて、手を延ばして一段一段のぼらしてやるという訳である。これが今日までのあらゆる宗教と異なる点で、それはむしろ反対でさえある。
周知のごとく、昔から宗教人といえば粗衣粗食、最低生活に甘んじ、難行苦行を重ね、自分は地獄的状態にありながら衆生を救おうとするのであるから、梯子を逆に用いる訳である。即ち、救う者が救われるものを押し上げてやるのであるから、上から引っ張るよりも押し上げるほうが、どのくらい骨が折れるかは推察さるるであろう。
ところがその当時としては、実は天国はできていないからやむを得なかったのである。勿論それは時期尚早のためで、霊界が夜であったからである。しかるに昭和六年以降、漸次霊界は昼になりつつあるので、天国を造ることは容易になったのである。否、人間が造るのではない、神様が造るのであるから、自然に時の進むに従い進捗するので、人間はただ神のまにまに動けばいいのである。即ち、神が設計し、監督し、多数の人間を自由自在に使役するので、私としての役目は、まず現場監督と思えば間違いないのである。勿論その一部として現在天国の模型も造っているので、信者諸君はよく知るところである。
右のごとくであるから、土地にしても予期もしない時期に、予期もしない位置に、売りたい人が出る、すると私はハハァ神様がここを買えというのだなと思うが否や、それだけの金額は別に苦労しないで集ってくる。それに準じて、最も適した設計者も土木建築家も、材料も、思う通り必要なだけは判で捺したように入手する。庭木一本でも突如として誰かが持ってくる。それがチャンとあてはまるような場所がある。時には庭木が数本も数十本も一時に入手するので、私は戸惑いするが、これは神様がなさることと思うから、庭をにらみながら順々に植えて行くと、過不足なくきっちりあてはまってしまう。そのたびごとに、いっさいは神様がやられることが実によく分かるのである。ある位置にこういう石や木が欲しいと思うと、一日か二日でチャンとくる。これが奇跡でなくて何であろう。こういうことを書けば限りのない程で、おいおい書くことにするが今はただ片鱗だけをかいたのである。
この文は、すべて人間がやっているのではない、神様の経綸のままに、人間がやらされるということを分からせるために書いたのである。これらによってみても、神意は地上天国建設の第一歩として、その模型を造られるという事があまりに明らかである。しかしながら模型ばかりではない。人間個人が天国人とならなければならない。否、なりうる時期が来ているのである。勿論、家庭も天国化し天国的生活者となるのである。それで初めて、大衆が苦しんでいる地獄から救い上げうるのである。故に信者に対し私は、常にできるだけ苦のない生活環境を作るべきで、それが神意にかなう所以であるというのである。即ち、病貧争の三苦が除去されなければ本当に人を救うことはできない。しかしそのようなことは夜の世界では不可能であったが、今日はもはや可能となったのであることを知らなければならない。彼の釈尊の唱えた苦の娑婆の時機はもはや終わったのである。このことの真諦が分かったとしたら、その歓喜は人類の経験にない程絶大なものがあろう。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地