*真の大乗宗教

宗教には大乗と小乗とあるのは一般に知られているが、これについて今までの宗教家や宗教学者が説く説は、甚だ曖昧杜撰極まるものであって、真諦に触れているものはほとんどないといってよかろう。従って、私はここに徹底的に書いてみようと思うのである。その前にまず知っておかねばならない事は、世界におけるあらゆる宗教のあり方である。それは昔から開祖、教祖の説いたところを基本とし、その宗教独特の教化方法、形式などもそれぞれ備わっており、いわば色分けになっている。
早い話が世界的宗教としての仏教、キリスト教はもとより、日本における神道、仏教にしてもそうであり、しかもその一宗一派の中にも分派があり、それぞれの色分けになっているので、これらを考えてみると、どうも根本的不合理を感ずる。というのは宗教なるものの本来である。いうまでもなく人間相互の親愛、平和協調精神が生命である以上、目標は一つであらねばならない。従って、その手段方法にしても色分け等ないのが本当ではなかろうか。それが別れ別れになっているとしたら、人類の思想もそれに伴うのは勿論で、これがまた社会混乱の原因ともなるであろう。しかも宗教という善の側にある人の力は分散されるから、邪神の力に対抗する事も出来なくなる。
これは事実をみても分かるごとく、宗教よりもその反対側である邪悪のほうの力が勝つ事が常にある。もっとも神は十全、邪神は九分九厘であるから、最後は神が勝つのは勿論だが、それだけ善のほうの苦しみは並大抵ではない。これについて私の経験上そういう事がよくあった。それは邪神の勢力が旺盛でほとんど支配権を握っており、絶えず我々に対し眼を光らし、隙あらば切り込んで来る。彼のキリストにサタン、釈迦に提婆の言い伝えは、今も変わりはないとさえ思われる。
こうみてくると、宗教は邪神以上の力を持たねばならない。それでなくては善の勝つ幸福な世にはなり得ないのである。そうなってこそ万教は帰一し、世界 はうって一丸となり、ここに不安なき幸福な世界が実現するのである。しかしそれは容易な業ではないが、不可能ではない。なぜなれば、主神の御目的たる地上天国はすでに近寄りつつあるからである。その根本は、勿論小乗を棄て大乗精神が基本的条件となる事である。即ち地球上一切のもの、宗教、科学、政治、経済、芸術等、ことごとくを包含されたところの超文化運動であり、その指導的役割こそ、超人的力と知恵とを有する巨人がでなければならない事である。

【昭和29年(1954)御発表】

< 前のページに戻る

所在地