*宗教と自由

今日までの宗教をみると、宗教にはほとんど自由がないといってもいい。その多くは厳重なる戒律に縛られて身動きも出来ないくらいで、これが宗教本来の姿と思われて来た。そういうのを深く検討してみると、全く信仰地獄の観がある。
そういう宗教に限って、何をすべからずとか、何をすれば神様のお怒りに触れるとか、罰が当たるとかいう戒律づくめで、自由なゆとりのある生活などみる事が出来ない。そんな訳で、神に対する観念は敬愛とか親しみなどはほとんどなく、ただ恐れ戦いているばかりだ。そればかりではない、病気も貧乏も家庭不和も年中付き纏って離れない。それらの苦悩に対し、その教師はきっとこう言う。「あなたの家には先祖から罪障が多い。苦しむのはそのためであるから、一生懸命罪障消滅をしなければいけないが、あなたはまだ信仰が足りないから苦しみが絶えないのだ」とこう言うのである。中にはあまり苦しみがなくならないので、信仰地獄から抜けようとすると、決まって言う事には「あなたがこの信仰をやめれば、一家は必ず死に絶える」とおどかすので抜ける事も出来ず、現状で我慢出来ず、進退きわまるという人をよくみるのである。
信仰の目的は天国的歓喜の生活者となるのであるにかかわらず、右のごときおよそ反対な結果であるという事は何のためであるかというと、そういう低級宗教を長く続けていると、肝心な知恵は鈍化し、理性を失い、善悪正邪の判別など出来なくなるのである。そうして、こういう人と唯物主義者とを比べる時、結論としてどちらも安心立命など得られない事は、百年河清を待つに等しいといってもいい。
以上の意味において、我等は唯物主義者を救わなければならないと共に、地獄的信仰者をも救わなければならない事を痛感するのである。

【昭和25年(1950)御発表】

< 前のページに戻る

所在地