*地上天国

地上天国という言葉は、何たる麗しい響きであろう。この言葉ほど光明と希望を与えるものはあるまい。しかるに多くの者は、地上天国などということは実現の可能性のない夢でしかないと思うであろうが、私は必ずその実現を確信、否実現に近づきつつあることを認識するのである。ナザレの聖者キリストが「汝等悔い改めよ、天国は近づけり」と言った一大獅子吼は、何のためであろうかを深く考えてみなくてはならない。その教えが全世界の大半を教化し、今日のごとく大をなしたところの立教の主たるキリストが、確実性のない空言をされ給うはずがないと私は思うのである。しからば、地上天国とはいかなるものであろうか、ということは何人も知りたいところであろう。私は今それを想像して書いてみよう。
地上天国とは、端的にいえば『幸福者の世界』である。それは病気、貧乏、争闘のない世界で、文化の最も高い世界である。しからば、今日人類が苦悩に喘ぎつつある病貧争にみちたこの世界を、いかにして天国化するかという大問題こそ、吾々に課せられたる一大懸案であろう。しかも、右の三大災厄の主原因こそは病気そのものである以上、まず病気を絶無ならしむべき方法が発見されなければならない。次は貧乏であるが、これもその原因が病気が第一であり、誤れる思想と政治の貧困、社会組織の不備等も第二の原因であろう。次に争闘を好む思想であるが、これは人類がいまだ野蛮の域を脱しきれないことが原因である。しからば、この三大災厄をいかにして除去すべきやということが根本問題であるが、この問題解決に私は自信を得たのであって、最も簡単なる事実をここに説き明かすのである。
本教団に入信し、教化さるるに従い心身の浄化が行われ、真の健康者たりうると共に、貧乏からは漸次開放され、なお闘争を嫌忌するに至ることは不思議として誰も驚くのである。そのほとんどの信徒は、年一年幸福者に近づきつつあることは、無数の事実が証明している。
私は他の欠点をあぐることを好まないが、いささか左記のごとき事実をあげることを許されたい。それは信仰をしつつ難病に呻吟し、貧困に苦しみながら満足し喜んでいるものがあるが、なるほどこれらも無信仰者よりは精神的に救われてはいるが、それは霊だけ救われて体は救われていないのである。即ち半分だけ救われているわけで、真に救われるということは、霊肉共に救われなくてはならない。健康者となり貧困から脱却し、一家歓喜に浸る生活にならなくてはならない。しかるに、今日までのあらゆる救いは、精神を救う力はあるが肉体まで救う力はなかったわけで、やむを得ず『信仰とは精神のみ救わるべきもの』とされて来たのであろう。その例として、宗教家がよくいう言葉に「現当利益が目的の信仰は低級信仰である」というが、これはおかしな話である。何人といえども、現当利益を欲しない者は決してあるはずがない。また病苦を訴える者に対し「人間はよろしく死生を超越せざるべからず」というが、これもいささか変である。何となれば、いかなる人間といえども、死生を超越するなどということは実際上出来うるものではない。もし出来うれば、それは己を偽るのである。このことについて、私は沢庵禅師の一挿話を書いてみよう。
禅師が死に臨んだ時、周囲の者は「何か辞世を書いていただきたい」と紙と筆を捧げた。禅師はただちに筆をとって『俺は死にたくない』と書いた。周囲の者は「禅師ほどの名僧が、このようなことをお書きになるはずがない、何かの間違いであろう」と再び紙と筆を捧げた。すると今度は『俺はどうしても死にたくない』と書かれたとの話があるが、私はこの禅師の態度こそ実に偉いと思う。そのような場合大抵は『死生何ものぞ』というような事を書くであろうが、禅師は何ら衒うことなく、その心境を率直に表わしたことは、普通の名僧では到底出来えないところである、と私は感心したのである。
次に、世間よく人を救おうとする場合、自分が病貧争から抜けきらない境遇にありながら宣伝をする人があるが、これらもその心情は嘉すべきも、実は本当のやり方ではない。何となれば、自分が救われて幸福者となっているから、他人の地獄的生活に喘いでいる者を、自分と同じような幸福者たらしめんとして信仰を勧めるのである。それで相手が自分の幸福である状態を見て心が動く、宣伝効果百パーセントというわけである。私といえども、自分が幸福者の条件を具備しなければ、宣伝する勇気は出なかったが、幸い神仏の御加護によって幸福者たりうるようになってから、教えを説く気になったのである。
地上天国とは幸福者の世界でありとすれば、幸福者が作られ幸福者が集まる所、地上天国の実相でなくて何であろう。

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地