*運命は自由に作られる

これから運命について書いてみるが、ここで知っておかねばならない事は、世人はよく宿命と運命とを同一にしている事である。しかしこれは全然違うのでそれを書いてみるが、宿命とは生まれながらに決まったものであるが、運命の方は人間次第でどうにでもなるもので、この点を知らなくてはならないのである。誰でもそうだが、いくらああしたい、こうなりたいと思っても、なかなか思うようにゆかないのが、前記の如く人おのおのの宿命という枠で決められているからで、それから抜け出る事は無論出来ないようになっている。従って人間は自分のもって生まれた宿命の限度をハッキリ知る事が肝心であるが、実はこれがなかなか難かしいので、むしろ不可能といってもいいくらいである。
この限度が分らないため、自分の力以上の計画を立てたり、身の程知らずの望みを起したりするので失敗するのである。ところがその場合でも早いうちに気が付き、一旦陣を引いて出直せば苦しみも軽くて済むが、宿命の限度が分っていないから、無理に押し通そうとするので失敗を大きくするのである。又世の中を甘く見すぎた為であった事も勿論である。そんな訳で盛り返そうとしては失敗し、出直そうとしては腰を折られ、さんざんな目にあってやっと目が覚める人が大部分である。しかしまだ目が覚めればいいが、中には不幸のドン底に陥ったまま、死ぬまで目の覚めない人も大いにあるが、可哀相なものである。以上は信仰のない人の運命を書いたのであるが、そこへゆくと信仰者は別である。
それについては霊の方面から説かねばならないが、つまり一切の苦しみは浄化作用である。浄化作用といえば病気だけのように思うかも知れないが、決してそうではない。すべての悩み苦しみの因はことごとく浄化作用である。例えば人に騙され損をする、火事で焼ける、怪我や泥棒、家族の不幸、商売上の損や失敗、金の苦しみ、夫婦喧嘩、親子兄弟の仲違い、親戚知人との争いなど、何もかも浄化作用である。このように普通浄化作用といえば、苦しみで曇りをとるより方法はないから、曇りがあるだけは免れる事は出来ないので、曇りを減らすのが開運の絶対的条件である。つまりある程度魂が浄まれば浄化の必要がないから不幸が幸福に変る事になる。これが真理であるから、運は寝て待てではなく、運は浄めて待てというのが本当である。
ところが、前記のように苦しまないで魂が浄まる、その方法が信仰であるから、無信仰者に幸福は絶対ない訳である。しかし信仰にもいろいろあるから、立派な力のある信仰でなくては真の幸福は得られない。そこへゆくと本教こそ、右の条件にかなう宗教である事を知らねばならない。

【昭和27年(1952)御発表】

< 前のページに戻る

所在地