*幸福

古往今来、いかなる人間といえども幸福を冀わぬ者はあるまい。幸福こそ実に人間最初にして最後の目標であるからである。幸福を得んがための学問であり、修養であり、努力であるにかかわらず、満足につかみ得る者は果たして幾人あるであろうか。大部分は幸福を獲得せんと思い続けつつ、かえって不幸の境遇にあり、解決の喜びを遂げらるる事なくして不帰の客となるというのが、一般人の現実である。然らば幸福を得るという事は、そんなに難しいものであろうか。私は否と言いたいのである。
そもそも幸福とは、病気、貧乏、闘争、この三大問題の解決が基本である事は誰も知るところであるが、言うはやすく実現は難く、大抵は諦めるの余儀なきに至るのである。一切は原因があって結果がある。勿論幸福とても同様であるとすれば、その原因をまず知る事こそ問題解決の出発点であらねばならない。
従ってその原因に不明である以上、何程努力しても実現の可能性はないに決まっている。然らばその原因とは何か、それを私は述べてみよう。昔から言うところの善因善果、悪因悪果とは実に千古を貫く真理である。この理を知って他人を幸福にするために努力する事こそ、自分自身を幸福にする絶対的条件であらねばならない。
ところが世の中には、他人の不幸を顧みずして自分だけが幸福になろうとする人間があまりにも多い事である。一方に不幸の種を蒔きつつ幸福の実を得ようとするのであるから、全く愚かな話である。丁度水を押すと手前のほうへ流れ、引くと先へ流れるのと同様である。
宗教が人間にとっていかに必要であるかは、この点にあるのである。即ちキリスト教の愛といい、仏教の慈悲というのも、他人を幸福にする利他的観念を植え付けるのが本義である。このような簡単な道理も人間はなかなか認識し難いものである。そこで神様や仏様は種々の教義を作り、心言行の規準を示し、見えざるものの存在を教え、取次者をして誠心誠意信仰に導くのであるが、一人の人間を救うにも容易なものではないのである。それも無理はない。一般人は見えないものは信じないという教育のもとに唯物思想に固まっているので、なかなか耳を傾けようとはしないのであって、迷夢に鎖され暗黒の中を彷徨苦しみながら、結局帰らぬ旅路へ赴くのであるか ら、誠に儚い人生というべきである。
然るに、生あるうちに歓喜に浸り、法悦の境地に住し、長寿を得、真の幸福者たり得る方法がありとすれば、正にこの世は天国であり、生き甲斐があるというべきである。しかしながら言うであろう。このような苦の娑婆にいて、そんな幸福者たり得るはずがないと諦めている人が一般人の考えであろう。しかし、我等は断言する。右のごとき幸福者たり得る秘訣のある事で、それを御伝授する手びきとして、まずこの雑誌を提供するのである。

【昭和23年(1948)御発表】

< 前のページに戻る

所在地