*科学迷信

一般世人は、迷信といえば科学と関係がないように思い、別個の存在としているが、これは大きな誤りである。科学にも相当迷信があり、科学迷信によって少なからず被害をこうむるものがあるばかりか、なかには生命を失うものさえある。というと眉をひそめる人もあろうが、事実であるから仕方がない。しからば、一体どういう訳かというと、近来流行している麻薬中毒である。ヒロポンを主とし種々の薬剤がある。最初これを用いるものは、それ程有害とは思わないらしい。なかには、恐るべきを知ってやめるものも相当あるようだが、大抵は漸次深入りしてどうにもならなくなる。
しかるに、このような事態を生む原因は、勿論昔から薬に対する強い信頼感があるからで、薬とさえいえば効き目の方ばかりが頭にあって、毒のほうは軽視しがちである。現代人がいかに薬剤に憧れをもっているかは、日々の新聞紙上多数の売薬の広告をみてもわかるであろう。ところが吾等からいえば、麻薬中毒とは現在はっきり分かったもののみではない。あらゆる薬剤は、麻薬中毒とほとんど同一の作用である。ただ麻薬中毒のごとく、短期間に強烈にこないで至極緩慢な経過をたどるので、誰も気がつかないだけである。勿論中毒であるから、一時は苦痛緩和の効果があるため、医師も患者も、これで治ると錯覚するのである。この結果薬剤によって病気を造る人や、生命を短縮する人のいかに多いかは計り知れないものがあろう。吾等が常に薬毒ということを唱えるが、右のごとき薬害を世人に知らしめんがためである。
以上によって考えれば、よくわかるのである。即ち今日の薬剤は、科学の産物であり、現代人は科学とさえいえば信頼するので、生命を縮めるものをしらずしらず用いるのである。ということは、科学迷信でなくて何であろう。アア恐るべき科学迷信よ!

【昭和24年(1949)御発表】

< 前のページに戻る

所在地