*霊的医術

私は種々の方面から「昼の世界とは霊主体従の世界である」という事を説いたのである。この意味を人体に当嵌める時、病気の根源である毒素とは、肉体に集溜している物質を指すのであるが、この場合、霊体は如何なる状態であるかというに、肉体の毒素のある部分は、霊体の方にはその部に曇りがあるのである。
この意味において、肉体の毒素を解消せんとするには、肉体のみの毒素を排除すると雖も、それは一時的であって、時を経て再び毒素は発生するのである。何となれば、それは霊主体従の法則によるからである。故に、根本的毒素の排除方法は、どうしても霊体の曇りを解消しなければならないので、これが治病の目的を完全に達する正しい方法である。
然るに、今日までのあらゆる療法は肉体を対象となし、肉体のみの毒素を排除又は固める事を以て、唯一の方法としているから、一時的であって根本的治癒ではない事は勿論で、何よりも再発の言葉がそれを物語っているのである。右の如く毒素排除の方法として、医学においては二つの方法しかないのである。一つは固め療法、一つは手術によって毒素を除去しようとする。又民間療法においては、電気又は光線療法等によって固めるか、或いは灸によって火傷させて膿を集溜排除せしむる等の方法である。
然るに、本療法においては、霊体の曇りを解消するのを根本とする。その方法としては、施術者の手のひらから、火素が主である一種の霊波を放射させるのである。その霊波を私は仮りに神秘線と名付けておこう。そうしてこの神秘線なる光線は、何人と雖も或程度の量を有しているのである。というよりも、その光線はこの地球上の空間否霊界に無限に遍満しているのである。
ここで、知っておかねばならない事は、右のように霊波によって曇りを解消するという治病法は、何故今日まで誰もが発見なし得なかったかというに、それは先に述べた通り夜の世界であったが為である。即ち、夜の世界は暗であって、光としては月光の程度であるから、治病力即ち曇りを解消すべき程の神秘線を得る事は、不可能であったからである。勿論全然無い訳ではなかった。その例として一部の宗教家、行者等が治病法を行ない、或程度の効果はあったので、その宗教や教祖をして相当の名を成さしめた事は、世人のよく知るところである。しかしながら、月光では水素が主であるから、治病力は或種の病気に限られ、又或期間だけの効果に過ぎなかった のである。それは月光は水素的冷性であるから固め療法となるのである。
然るに、この霊的医術においては火素が主であるから、如何なる毒結も溶解するので偉効を奏する訳である。故に、私の治病法発見の根本動機としては、夜の世界が昼の世界に転換せんとする事を知り得た事と、昼の世界は火素の分子が増量するので、その火素を人体に集中透過さすにおいて、強力なる治病光線が生まれ、患部に放射せしむるにおいて、偉大なる治病効果を現わすという事の二つに外ならないのである。
ここで、断っておきたい事は、このような事は宗教的に思われやすいという事であって、昔からキリストや一宗の開祖等が行なった事に類似しているのであるが、私はあくまで宗教化されないようにしたいのである。何となれば宗教的に行なう場合、必ず社会から迷信視せられるからである。それは今日まで、幾多の人々が迷信邪教に煩わされ、不幸に陥った例があまりにも多いと共に、当局においても、その弊害を防止すべく厳重な取締りをとっている事である。又神仏基その他あらゆる宗教の信者が病患に悩まされつつも、宗教的分子が聊かにてもある場合、受療に躊躇するという点もあろうからである。
又宗教とすれば、先に説いた如く、信仰という自力観念の援助によって、治病効果を挙げるという事になるから、実は治病力が薄弱であるという事を告白する訳である。この事は医学においても或程度ある事は否めない。例えば医学博士の称号とか、大学教授、大病院の院長、その専門の権威、上流階級の主治医等の故を以て、患者は受療以前に相当の崇敬と信頼の観念を持つべきは勿論であるから、その観念の力が或程度の効果を加える事は当然であって、宗教に対する信仰的観念と共通の点がないとはいえないであろう。
然るに、私の医術においては、右の如き観念の援助は更に要らないのであるから、宗教化するという必要がないのみか、前述の如き幾多の不利があるのである。故に私はあくまで科学を以て自認し、科学として世に問わんとするのである。即ち未来の科学、最尖端科学として、日本人によって創始せる世界的医術たらしめん事を期するものである。

【昭和18年(1943)御発表】

< 前のページに戻る

所在地