*安心立命

よく安心立命という言葉があるが、これは精神的の面に限るように世人は思っているようだが、この考え方は大きな間違いであって、真の安心立命とは物質も伴なわな くてはならないのはもちろんである。考えてもみるがいい、病気、貧乏、争いの三つの災厄の内の、たとえ一つでもあるとしたら、どこに安心があるであろうかということである。俺は一生涯病気の心配はない、貧乏になりっこはない、争いを起こすようなこともないという自信がもててこそ、真の安心立命は得らるるのである。ところがそのような三拍子揃うなど、今の世の中では到底夢でしかあるまい。そんな人はおそらく世界中ただの一人もないといってよかろう。
まず世間をみればよく分かる如く、何事も思うようにならない、嫌なことは次々降ってくる、よいことなどはめったにこない、全くこの世の中は地獄そのままだ。第 一健康にしてもそうだ。いつ何時病気に罹るか分からない、ちょっとした風邪を引いても、簡単に治ることもあれば治らないこともあるし、こじらしたり大病の前兆 になることさえあるのだから、風邪ぐらいなどといって安心してはおられない。また医学でいっているとおり、黴菌はそこら中ウヨウヨしているから、いつ何時伝染病や結核菌が飛びこむか分からない。それがため当局でも医学衛生をやかましくいい、清潔にせよ、暴飲暴食をするな、外出から帰ったら嗽をしろ、食事の前は手を洗え、食物に注意せよなど、何だかんだとうるさい程注意を与えている。それらことごとくを信ずるとしたら、現代社会生活は全く恐怖の渦の中にいるようなものである。
もちろん貧乏も争いも、そのほとんどは金銭問題が主となっており、その原因がまた病気であるから、どうしても無病息災、真の健康人にならなければ、絶対安心は出 来ないのはいうまでもない。しかし、世人はそんなことは到底出来ない相談でしかないと思うであろうが、それが立派に出来るとしたら、大変な福音であろう。ところが必ず出来るのだから大したものである。そのために現れたのが我が教であり、本教をおいては世の中に決してないことを断言するのである。

【昭和27年(1952)御発表】

< 前のページに戻る

所在地