*再びベルグソンに就いて

私は以前フランスの有名な近代哲学者である、彼のアンリ・ベルグソンについて書いたことがあるが、今度再び書いてみたい心が起こったので、筆をとったのである。というのは、よく私に向かって色々な事を聞いたり、また私のほうから話す場合、その意味が簡単に分かる人は誠に少ないのであって、事柄としては実に簡単で分かりそうなものだが、なかなか分からない。聞く人は相当の教養がありながら頷けないので、私は色々な例を挙げて、諄々しく並べてやっと分かるのである。その都度思い出すのはベルグソンの哲学である。
何故簡単な事がそれ程分からないかを考えてみると、こういう理由がある。それはベルグソンのいわゆる刹那の吾にならないからで、勿論それを意識しないからでもあろう。彼の説によれば、人間は誰でも物心がつき始めると、色々な事を聞いたり伝説や既成学問を詰め込まれたりするので、一人前になるまでには、それが棒のようなものになって心の中に出来てしまう。だから棒以外の説を聞いても、その棒が邪魔をして想念の中へそのまま入らない。だから想念の中がカラッポなら苦もなく入るからすぐ分かる訳で、よく白紙になれなどといわれるが、全くその通りである。そうはいうものの、棒などに気がつく者はほとんどないらしい。だからこの文を読んだ人は、今からでも刹那の吾となる事である。刹那の吾とは、物を見たり聞いたりしたその瞬間、咄嗟の感じをいうのである。全く棒が邪魔をする間隙のない、ちょうど子 供と同じようにする。よく子供が大人の言葉を聞き返す言葉に感心させられる事がよくあるが、全く棒の邪魔がないからである。
この事を、彼はまた直観の哲学とも言った。この意味も、歪めないで真直に物を見よ、それが正しい見方であるという訳で、刹那の吾に付随したものである。それからまた彼の哲学には、万物流転という言葉がある。これもなかなかおもしろいと思う。それは万有一切は一瞬の停滞もなく動いているという意味で、例えば去年と今年とは一切がどこか異なっている。世界も社会も同様であり、自分自身の想念も環境もそうである。いな昨日の自分とも五分前の自分とも、必ず異なっているところがある。としたら、昔からいう一寸先は闇という言葉もそれである。このように何でもかんでも一秒の停止もなく流動してやまないのである。
従って、この理を人間にあてはめてみる時、こういう事になろう。何かの事にブツかった時、去年の見方も考え方も、今のそれと異なっていなければならない。大きくみれば、終戦前と終戦後とはまるっきり異なっているではないか。わずかの間に驚異的である。ところが多くの人は、何百年前のやり方や何十年前の考え方が、先祖代々から棒のように続いているから、的確に現在を把握する事が出来ない。これを称して封建とか、旧い頭とかいうのであろう。つまり一切が流転しているのに、御自分だけは泥水のように停滞しているからで、こういう人こそ世の中から置き去りを食ったり、不幸な運命となるのである。
既成宗教が振るわないというのも、右の理を考えてみればよく分かる。この理によって、万物流転と少しもズレる事なく千変万化する事が、観世音のお働きでもある。観世音の別の御名である応身弥勒とはその意味で、応身とは身をもって応ずる、即ち外界の事物に対し、自由無碍に応ずる事である。無碍光如来の御名もその意味にほかならない。分かりやすくいえば、老人に対しては老人に合うような話をし、婦女子には物柔らかく知識人には科学的に、一般人には常識的平凡にするというように、いかなる人にも話す場合、先方が理解し興味が湧き、快く聞くというようにすればいいのである。この方針で信仰を勧めるとしたら、案外うまくいくものである。

【昭和26年(1951)御発表】

< 前のページに戻る

所在地