*子供を健康にするには

今日の子供の健康は非常に悪い。どの子供を見ても顔色が悪く、弱々しいものが多いのは、実に心細い限りである。ところが今までは都会児童が、特に目立っていたが、近頃は農村方面も同様な傾向が現われて来た。長野県下の某村で、小学児童の健康診断をしたところ、百人中八十一人の結核容疑者があった位で、その後も時々そういう報告が新聞に出ている。従って、これを見たら何人といえども、不思議な感に打たれない訳にはゆくまい。なぜなれば、今日医学の進歩は農村にまで及んでいるからである。ところがその原因が全然わからないと言うのだから、問題は大きい。そこで我が自然医学の見地から、その真因を書いてみよう。
右の原因は間違った医学衛生と、栄養の為としか思われない。という訳は、近来日本人の子供と、西洋人の子供と同一に見て、何でも西洋流に育てるのがよいように思っている点である。これが非常な誤りで、実は日本人と西洋人とは本質的に違うのである。しかし、以前はそういう誤った育て方は都会に限られていたようだが、近来田舎も都会同様の育て方になった為であろう。その誤りとは、自然を無視すると共に西洋流に母乳を軽視し、牛乳を飲ませ過ぎたり、大事にし過ぎたり、薬を服ませ過ぎたり、適切でない注射をしたりする。それが為理屈には合っていても、事実は身体を弱らす結果になる。何となれば西洋人は、祖先以来そのやり方で育って来たのだからいいが、右の如く日本人は違うのみか、急激の変化も悪いのである。どうしても日本人の子供は、昔から日本流の育て方が合っているが、そうもゆかないとしたら、漸次的に変えてゆく様にすればよい。何よりも事実をみればよく分かる。今の子供より数十年前の今程医学の進歩していない時の方が、よほど健康であったようだ。参考の為本当の子供の育て方を書いてみよう。
まず母親は出来るだけ出産月まで働く事、子供には親の乳を飲ませる事、牛乳はやむを得ざる場合のみに限る事、風邪を引く事など恐れず出来るだけ自然にする。即ち気ままにさせ干渉しない事、腹巻をさせない事、なるべく薬を飲ませない事等である。要するに人間はこの世に生まれた以上、自然に健康に育つように出来ている真理を、充分認識すればいいのである。従って事実は大切にする子供程、弱いにみて明らかである、要するに時流に迷わされず、祖先以来の育て方を考慮に入れて、その上に新時代の進歩した点を参酌し、理屈でなく実際に良い面のみを採用すればいいのである。この点当局はもとより、専門家諸君に対しても、大いに考慮を求める次第である。

【昭和26年(1951)御発表】

< 前のページに戻る

所在地