*幸福への道

文化の進歩がしんしん乎として、止まるところを知らざる現世界において、真の幸福を得ている者は何人あるであろうか。我は幸福者なりと言いうる者は、おそらく真 に寥々たるものがあろう。本来文化の進歩とは、人類の幸福をより増進する事が最後の目的であるに拘わらず、その結果の矛盾せる事のあまりに甚だしいばかりか、 事実は反対の結果をさえ思わしむるものがある。そうしてこの事に疑いを起こし、仔細に検討するにおいて、その最大原因が人間の病患にある事を知るのである。
ここに不幸の最大なるものとしては、病患は別として戦争と飢餓とであろう。しかもその根本は、実は人間における身心の欠陥がその原因である事を発見するのであ る。
"健全なる身体には健全なる精神が宿る”という、このいいふるされたる格言は、実に千古不滅の金言である。
私が扱った幾多の患者の経験によって得たる断案によれば、精神障害者、精神変質者、神経衰弱者等の頭脳に欠陥ある患者は、一つの例外なく左右いずれか一方の頸 部淋巴腺、及び延髄部に腫脹固結がある事で、それら患者の心理は常軌をいっし、正当なる判断を下し得ない事である。又常に怒りやすき者、即ち争いを好む者は必 ず両肩部に固結がある。即ち肩の凝りである。癇持の小児、泣癖のある嬰児等も同様、甚だしい肩の凝りがある。しかるに、本医術によって右の固結を溶解滅消する に従い、その性格は一変する。成人者は言語行動常識的となり、平和円満を好むようになり、小児は両親の言葉によく従い、明朗児となるのである。
そうして個人の集団が国家なりとすれば、その単位である個人一人一人が争いを好まないようになれば、その国は平和愛好国とならざるを得ない道理である。
次に物資欠乏、飢餓等も戦争の影響による事が多いが、又他の原因による事もある。それは国民知能の低下、怠惰、及び為政者の頭脳の貧困等である。しかしなが ら、これらもその原因は身心の不健康、即ち毒素多有者なるがためである事はいうまでもない。
元来、身心健康者は精神も行動も常識的で合理性に富む結果、人間としてなすべき事、なすべからざる事をよく判別し、善を愛し悪を嫌い、人を愛し他人の喜びを喜び とする。孔子のいわゆる“己の欲せざるところは、人にほどこすことなかれ”という事や、又最大なる幸福は他人を幸福にする幸福であるという事等も、身心健康者にして初めて行ない得らるるのである。この意味において、資本家地主等が労働者を搾取し、己れの利得のみをほしいままにせんとする結果、労働者農民としてもやむをえず、自己防衛上団体行動をもってこれに当たる事になるのである。この意味において、資本家地主が共産主義を作るといっても、あえて差し支えはあるまい。即ち自己が作った幽霊に自己が戦いているのである。何と愚かな話ではないか。
仮に身心健康者が多数としての社会を考えてみよう。それは資本家といえども、その取得すべき利潤に適正のあるべきを自覚し、或る程度以上は労働者に分配する。 そうすれば労働者としても必ず満足し感謝し、資本家を擁護するに至り、その事業をより発展させようと企図するのは当然である。ここに真の意味における労資協調となり、争闘は跡を絶つであろう事は、決して夢ではないのである。
従って、かかる社会においては法規の必要性はいちじるしく減少する。支那堯・舜時代の法三章や、日本における聖徳太子の憲法十七条によってよく治ったというが、それはありうべきであると私は思う。

【昭和22年(1947)御発表】

< 前のページに戻る

所在地