*唯物主義が悪人を作る

この標題は少し厳しすぎるようだが、事実であるからやむを得ないのである。というのは、唯物主義即ち無神主義こそ我々からみれば最も危険な思想であるといって いい。ぶちまけていえば、もしこの世の中に本当に神がないとしたら、私なども随分人に知れないように巧く誤魔化して金を儲け、したい放題の事をし贅沢三昧に暮ら すと共に、相当出世も出来たであろうが、何しろ神様の実在を知った以上、どうしてもそんな事は出来ない。出来るだけ真っすぐな道を歩いて、人の幸福を念願する人 間にならなければならない。そうでないと幸福に決してならないから、生きがいある生涯を送る事は出来ない。
これは理屈でも何でもない。昔から歴史をみても分かる通り、悪で一時はどんなに栄えても長くは続かないで、結局は滅びてしまう例はあまりにも多過ぎる。そこに 気がつきそうなものだが、なかなか気がつかないとみえて、相変わらず社会は犯罪で埋まっている。強盗、詐欺、殺人などの凶悪犯罪をはじめ、地位ある人の汚職事件 、市井の巷などでの人騒がせや、数知れない程の中小犯罪なども、そのことごとくは無神思想から生まれたものである。従って、この無神思想こそ犯罪を生む母体であるといってもよかろう。
従って世の中から犯罪を除くとしたら、何よりもこの無神思想を撲滅する以外に方法のない事は、あまりにも明らかである。ところが今日、識者も、当局も、教育家も、反対に有神思想を迷信とみている錯覚で、相変わらず法の取り締まりや、教育、お説教等に頼って効果をあげようとしているが、これでは何程熱心に努力しても、効果のあがるはずがないのは当然である。何よりも日々の新聞の三面記事を見れば、よくそれを物語っている。
以上によってみても、社会を清浄にするには有神思想を大いに鼓吹するよりほかに仕方がないが、情けないかな、現在の日本は知識階級ほど無神思想者が多い実情で、しかも無神思想がインテリやジャーナリストの資格とさえ思われ、無神論を大いに唱える人程進歩的とされているのである。という訳だから、これが一転して無神論者は古い人間にみられ、有神論者が時代の尖端を行く知識人とみえるようにならなくては、住みよい明朗な社会とはならないのである。

【昭和27年(1952)御発表】

< 前のページに戻る

所在地