*幸運の秘訣

この事について私は以前も書いた事があるが、今日の世の中を見れば見る程不幸な人があまりに多いので、一層徹底的に書いてみるのである。いうまでもなく、昔から人間の運不運程やっかいな問題はあるまい。誰しも人心がついてから死ぬまでの間、この考えから離れられないのが人間としての必然性であろう。というのは、最も分かりたいと思う事ほど、最も分かりにくいのが世の中の常であるからで、少しでも分かるとしたら、これほど結構な事はあるまい。ところが幸いなるかな、私はこの根本がハッキリ分かったのである。そればかりか、実地経験によっても少しの間違いはないので、ここに確信をもって説くのである。
それについては誰も知る通り、一口に運といっても、これほど茫漠たる捕まえどころのないものはあるまい。しかも自分ではどうにもならないので、あなた任せより致し方がないのは勿論で、これが運というものであろう。誰かが言った"人生は大賭博なり "とは宜なるかなである。従ってどんなに偉いといわれる人でも一応は諦めてはいるが、なかなか悟りきれないもので、これが人間の宿命とでもいうのであろう。そこで、何とかして幸運をつかみたい一念から活動も出来る訳である。それがためありもしない知恵を絞り、ほしい、なりたいの苦労のしつづけで終わるのが人生というものであろう。そうして運ぐらい皮肉なものはない。つかもうとすればする程逃げてしまう。西洋の諺に"幸運のチャンスは後髪のようなもので、通る瞬間つかまないとおしまいだ"というが全くその通りである。
私の長い経験によっても、運という奴に始終からかわれているような気がする。訳なくつかめそうでなかなかつかめない。目の前にぶら下がっているから、手を出すとスルリと抜けてしまう。追いかけようとすればする程、逃足の速い事、全く始末の悪い代物だ。ところが、私はこの運という奴を確実につかまえたのである。だがそれを説明するにあたって困る事には、信仰者ならいざ知らず、一般人にはなかなか分かりにくい点がある。というのは物を見る場合、上面だけを見て中身を見ない事で、否見えないのである。ところが運に限って、もとは中身のほうにあるのだから、これが分からなければ運は決してつかめない。という訳は、人間が肉体を動かす場合肉体自身が動くのではなく、中身にある心が動かすのであるから、幸運もそれと同様中身が肝心である。その訳を詳しく書いてみよう。
まず右の理を押し広げると、こういう事になる。すなわち上面とは現実界であり、中身とは心霊界という目に見えない空間の世界である。これがこの大世界の組織であって、造物主はそう造られたのである。故に心が肉体を動かすごとく霊界が現界を動かすのである。しかも一切は霊界が主で現界が従であるから、運といえども霊界にある霊の運が開ければいいので、そのまま体に写り幸運者となるのは勿論である。では霊界というものを一層詳しく書いてみるが、霊界は現界よりも厳正公平な階級制度になっている。それが上中下百八十の段階になっていて六十段ずつ三段階に分かれている。勿論、上が天国、下が地獄、中間が中有界といい現界に相応している。
こんな事をいうと、今日の人間はすぐに信じられまいが、私は神から詳しく知らされ、その上長い間霊界と現界との関係を実地経験によって、底の底まで知り得たのであるから、寸毫の誤りはないのである。何よりもこの理を信じて実行に移し、幸運をつかんだ人は今までに数えきれない程あるばかりか、私自身としてもその一人である。それは私を客観的にみればすぐ分かる。私がいかに幸福な境遇であるかである。そこで今一歩進めて右の段階を説明してみるが、前記のごとく人間の体は現界に、霊は霊界にあるとしたら、百八十段中のどこかにいるはずであって、つまり籍のようなものである。しかもこの籍は一定しておらず、絶えず上下に移動しており、運命もそれに伴なう以上、人間は出来るだけ上段に昇るよう心がくべきである。いうまでもなく下は地獄界で、病気、貧乏、争いは勿論、魑魅魍魎、百鬼夜行、暗黒無明の世界であって、あらゆる苦悩が渦巻いている。これに反し上段へ行く程反対に良くなり、天国浄土的平和光明、健富和の理想境であり、中段は中ぐらいである。
以上のごとく、霊界の籍通りが体に移り運命となるとしたら、霊の地位向上こそ幸運の根本である事があまりにも明らかである。何よりも事実を見ても分かる通り、世間よく出世をして人から羨まれるようになり、自分もいい気持ちになって、いつまでも続くと思っていると、豈計らんやいつしか失敗転落、元の木阿弥となる例もよくある。というのは、この理を知らず人力にのみ頼りすぎるからで、しかも人を苦しめ無理をする結果、形だけは成功しても霊は地獄におちているので、霊主体従の法則によりその通りの運命となるのである。そうして霊にも物質と同様重量があり、重ければ地獄におち軽ければ天国に上がる。昔から罪の重荷というがその通りで、悪の行為は霊が曇り重くなるに反し、善の行為は軽くなり上へ昇るのである。故に人間は悪をつつしみ罪を作らないようにする事で、できるだけ善を行い霊を軽くする事こ そ幸運の秘訣である。これが真理である以上、これ以外方法のない事は断言するのである。といってもなるほど理屈は分かるが、さて実行となるとなかなか難しいものである。ところが容易にできる方法がある。これこそ信仰であるから、幸運を得たい人は何をおいてもまず信仰に入る事である。

【昭和29年(1954)御発表】

< 前のページに戻る

所在地