カテゴリ一覧 > 出来物(シコリ等)

*子宮癌との診断一年半で楽に…

インド ダージリン支部 ハムサラニ・ライ(72)

私は6年前に娘夫妻より浄霊を受け始めました。それから遡る事9ヵ月、私は子宮ガンと診断され、下血が酷く、下腹部が非常に腫れていたので、働く事は勿論、歩く事も出来ず、お医者さんからは「年を取り過ぎているから手術は出来ない」と言われました。
その頃、娘が友達より浄霊の事を聞いて、娘はバスで10時間かけてネパールのダマク出張所を訪ねました。
娘と娘の主人は、浄霊の体験と勉強をするために出張所の近くに家を借りて、毎日出張所へ行きました。9ヵ月後に入会し、故郷のシッキムへ帰り、私に浄霊のお取 次を始めました。
浄霊を受け始めてから一年半後にはガンと診断されたときの症状が消え、出血も止まり、痛みも楽になりました。
私は、月に一度は車で7時間かけてダージリン支部に元気に行っています。また、私の娘は20年来の胃潰瘍が良くなり、心臓をはじめあらゆる臓器の調子が良くなったと言っています。
誠に有難うございました。

(Sikkim, INDIA)

< 前のページに戻る

所在地