カテゴリ一覧 > ケガ

*大金に勝る無傷という奇跡

神戸支部 原田一平(20)

私は、少し前までスポーツカーに乗っていました。
買ったばかりで、それはかっこよく、速くて本当に好きでした。自分の中で一番人に自慢出来るものでした。
しかし、今年の1月にものすごいスピードで走っていて事故を起こしてしまい親にも、会社の人にも、またぶつけた家の人にもいろいろと迷惑をかけてしまいました。
車は、前の部分が完全につぶれて廃車しました。それは、もう最初の2日ぐらいはショックで立てませんでした。でも、その事故のおかげで気付かされた事がありました。
あの時の自分は本当にダメでした。自分にとってスポーツカーはただ速いだけで全く実用性がないという事に、今回の事故で、頭を打って本当に気付かされました。
今は、残ってしまった車の代金を返すために必死に頑張っています。100万円という大金を残していますけど、今回の事はその金額の価値以上に価値のある勉強をしたと思っています。
車が大破するような大きな事故にもかかわらず、どこもケガをせず、命を頂けたという奇跡に感謝しております。
これも本当に日頃から受けている浄霊のおかげだと思っています。これからは、車の代金を返しつつ、浄霊をよく頂き、浄めて頂きたいと思っています。本当に有難うございました。

(兵庫県明石市)

< 前のページに戻る

所在地