カテゴリ一覧 > 痛み

*原因不明の肘の痛みが浄霊で救われる

台湾 台北出張所 張幼真(44)

私は以前印刷加工の仕事をしていて、長い時間左手で重い印刷物を抱えなければならず、2002年頃から左肘が痛くなりました。痛みを治そうと漢方 医、西洋医のみならず、色々な民間療法も試しましたが、痛みの原因すら分からず、ただ「左手の使い過ぎだから仕事をしなければ良くなる」と言われました。でも生活がありますから、仕事をしない訳にはいきませんでした。私は歯を食いしばり痛みに耐えて仕事を続け、その間も色々な治療法を同時に試しましたが、良くなるというよりもかえって痛みの状況はひどくなり、左肘の関節部が腫れてきました。2005年頃になると、変形してまっすぐ伸ばせなくなるほど腫れ、手を挙げたり拍手したりといった簡単な動作も出来なくなりました。
2005年7月、私の左肘の痛みは仕事を続けられないほどひどくなり、工場を閉め機械を売り払うしかありませんでした。仕事をしなくなっても左肘は良くなるどころかますます痛みがひどくなり、夜中も痛みで目が覚め、痛くて眠れない事が常でした。よく夜中に居間に座って考えました。「ただ普通の生活がしたいだけなのに、こ んな小さな夢さえもどうしてこんなに難しいのか…」、自分の体の事を考えるとこれからどう生きたらいいのか、この事を考える度にただ一人夜の静寂の中で泣くしかありませんでした。
2005年9月、ある活動で謝惠卿さん(会員)と知り合い、二回目にあった時に彼女は私の左肘の痛みについて質問し、新しい健康法を紹介してくれました。どんな健康法なのかよく分かりませんでしたが、自分の左肘はすでにこんな状態なので、どんな方法でも試す事をはばかる事はないと思いました。次の日、台北の出張所へ行って浄霊を試しました。
話を聞いてみると、今までの方法と浄霊とは解釈が全然違うので半信半疑でしたが、これまでたくさんの医者にかかり、色々な治療をしても治らなかったので、この方法を試してみようと思いました。その日二回浄霊を受けましたが、夜は以前のように痛み始めだんだん痛くなり、肘はピンポン球のように腫れてきました。私はどうせ以前も痛かったのだし、この方法は薬や注射をする訳じゃないし、頑張って試してみようと思いました。数日後、左肘の痛みが少し楽になりました。この時は初めて薬を使わずに左肘が楽になったので不思議でしたが非常に嬉しかったです。一週間後また痛み出しましたが、続けて浄霊を受けると数日後にはもっと手が楽になりました。その後何度か痛みがありましたがつらい時間はだんだん短くなり、痛みの程度もそんなにひどくなくなりました。
浄霊を受けて三ヵ月くらいですが、浄霊だけで他に何も治療を受ける事なく楽になりました。この新しい方法で何年も苦しんだ問題が解決した私の喜びは、言葉では言い表せないほどのものでした。
浄霊を受ける前は、手の問題や体の色々な問題で私は不安と恐怖感で一杯で、どうしたら良いのか分かりませんでした。しかし浄霊は私を健康にしてくれましたし、病気は体の浄化作用(掃除作用)だという事が分かったので、病気に対する不安もなくなり、本当に感謝しています。私は自分の体験を通して、健康は全てだという事、健康が人生の基本だと深く感じました。まだたくさんの人が以前の私と同じように病苦で悩んでいると思います。皆さんもこの新しい健康法に御縁がある事を願っています。

(中華民国台湾省台北市)

< 前のページに戻る

  • 所在地
  • 新健康協会
    〒813-0001 福岡県福岡市東区唐原6丁目7番1号
    TEL 092-661-1531