カテゴリ一覧 > 眼

*自分でも驚いた浄霊で視力が回復

名古屋支部 野田照幸(34)

私が生まれる前、両親が会員だった事もあり、生まれてから現在までの34年間、毎日、両親と12年前に結婚した妻から浄霊を受けております。
その中で、目の周りに出来たシッシンについてお話し致します。
平成13年の夏頃から、両目の周りにシッシンが出来始め、目が半分しか開けられないようになりました。中学校からメガネをかけていますが、メガネをかけても目の前が見えない位でした。支部へ行き、浄霊を受け、家に帰っても家族から毎日浄霊を受けました。
そのシッシンをキッカケに、目から涙と一緒に黄色の汁が出てきました。毎朝起きて、まずやる事はティッシュで涙を拭く事です。そうしなければ、涙で目もまとも に開けられず、前が見にくいほどでした。黄色い汁が出て来るのは朝目覚めた時だけで、仕事や私生活にはほとんど支障はありませんでした。現在もその生活が五年ほ ど続いておりますが、浄霊のおかげでかゆみも楽になり、皮膚もきれいになりました。

メガネをかけないで信号の文字が見えた

一昨年のある日、会社で勤務中、上司と一緒に社用車で出張に出掛けていました。私が助手席に乗っており、地図を見ながら道案内をしていました。少し汚れていたメガネを外して布できれいにしている時、上司より「あの信号の上の文字何て読むの」と聞かれ、「○○」と普通に答えていました。上司は「メガネをかけていないのに何故見えるの?」と聞かれ、自分でもメガネを外して答えている事に驚いていました。
その数ヵ月後、新しいメガネを作るため、メガネ屋で視力を測りました。3年前メガネ屋でメガネを作った時は0.1以下しかありませんでしたが、今回は驚いた事に裸眼で視力が1.0もありました。
シッシンと黄色い汁が出たおかげで、多くの毒素が出て、視力が回復しました。店員さんは大変驚き「メガネがいらないですね」と言われました。しかし、夜間の車の運転は見えづらく心配なので、視力1.5のメガネを作りました。
その年の9月、運転免許証の更新のため、友人と運転免許試験場に行きました。友人に視力が回復した事を話し、「今日もしかしたら、メガネを外して写真を撮るかも」と言いましたところ、「そんな事はない」と言われました。しかし、実際に視力を測ってみるとメガネ無しで合格しました。友人は大変驚いておりました。今の私の免許証には、メガネを掛けていない顔が写っております。
明主様、誠に有難うございました。

(愛知県刈谷市)

< 前のページに戻る

  • 所在地
  • 新健康協会
    〒813-0001 福岡県福岡市東区唐原6丁目7番1号
    TEL 092-661-1531